DynaSmartシリーズ
2021年10月25日

金文とカリグラフィーを融合させた特別な瞬間をさらに輝かせる新書体「金花体」を発表

ダイナフォント2021年新書体「金花体」

金文とカリグラフィーを融合させた特別な瞬間をさらに輝かせる新書体「金花体」を発表
 

東洋の金文と西洋のカリグラフィーを融合させた文化的な深みと芸術性にあふれた、
特別な瞬間をさらに美しく輝かせるダイナフォント2021年新書体「金花体」

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美)は、東洋の金文と西洋のカリグラフィーを融合させることで文化的な深みと芸術性を併せ持ったダイナフォント2021年書体「金花体(ルビ:きんかたい)」を発表します。
「金花体」は文字だけでは表現しきれない感情を伝えるために誕生した、特別な瞬間をさらに美しく輝かせる新書体です。
東西文化の中で感情を伝える際に使用されたフォーマルで儀式的な感覚の金文とカリグラフィーを融合させることで、流れるような曲線美で文字の意味合いを表現し、東洋の文字文化における感情表現の新たな一面を切り開いていきます。 「金花体」は、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」「DynaSmart 教育機関向けプラン」「DynaSmart 学生版」をご契約いただいているお客様に向けて、2021年10月26日(火)より提供を予定しています。



特別な瞬間をさらに美しく輝かせる、文化的かつ芸術的な書体「金花体」
「金花体」書体見本

「金花体」は、金文の縦長の字形に中国戦国時代の青銅器「中山王方壺」の蟠龍の彫刻をカリグラフィーの流れるような曲線美で外側に伸ばすというこれまでのデザインの常識を取り払った稀有な書体です。
「金花体」の特長である一筆書きのように文字を続けて書く手書き文字の筆記体は、これまで欧文特有のデザインということもあり、漢字や仮名のデザインに取り入れる試みは正に革新的といえるでしょう。
さらに「金花体」には、カリグラフィーのエレメントから作成した装飾を文字セットから選んで自由に組み合わせることが可能になるなど、これまで類を見ない書体になっています。

 

〇金花体 特長


金花体 特長

 

〇金花体 活用例

〇金花体 活用例
 

〇金花体 文字見本 一例

金花体 文字見本 一例
 

〇金花体 合字見本 一例

金花体 合字見本 一例
 
芸術と文字の秋に花開いた「金花体」は、芸術性も備えた美しくも革新的な書体として、使い手の皆さまに、2021年のこの秋から、これまでにない文字体験を提供していくことでしょう。
2021年10月26日(火)の提供開始日をどうぞお楽しみに!


 
金花体を含む、ダイナフォント全書体使える年間ライセンス「DynaSmart V」
「DynaSmart V」は、国内外のアワードを受賞した優れたデザインのフォントや多言語フォントを含むダイナフォント全書体を収録し、印刷物、Webデザイン映像・動画、デジタルコンテンツ、ゲームといった幅広いコンテンツにダイナフォントを許諾対応した、安心の年間ライセンスです。
ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」詳細はこちら  

   More Information

次 : 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う営業時間変更のお知らせ   
前 : 【推しデザイン投票編】 #みんなで作るダイナフォントオリジナルグッズ総選挙