DynaSmartシリーズ
2020年10月14日

テロップ書体「娥眉明朝体S」「POPミックスS」を「DynaSmart V」にて10月19日に提供開始

DynaSmart V:2020年10月新収録書体情報

テロップ書体「娥眉明朝体S」「POPミックスS」を「DynaSmart V」に10月19日から提供開始
 

「テロップ書体」新書体として、テロップ表示の可能性をさらに広げる
女性らしい柔らかさの「娥眉明朝体S」、POP系のデザイン書体「POPミックスS」が
ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」に10月19日から提供開始

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美)は、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」「DynaSmart 教育機関向けプラン」「DynaSmart 学生版」をご契約いただいているお客様に向けて「テロップ書体」の2020年新書体として、「娥眉明朝体S W3/W5/W7」3書体、POP系デザイン書体「POPミックスS W3/W4/W5」の3書体を2020年10月19日(月)より提供いたします。
「テロップ書体」は、液晶画面のあらゆるサイズでの表示に対応した書体として、さまざまなテロップで幅広くご活用いただけ、映像・動画でのフォントの使用を許諾している「DynaSmart V」との親和性も優れた書体シリーズとなります。
追加となる「娥眉明朝体S W3/W5/W7」「POPミックスS W3/W4/W5」は、OpenTypeフォント版とTrueTypeフォント版の2種類を提供させていただきます。



多彩な演出を可能にする、2種類のテロップ書体
Teropを演出する2種類の書体
今回、テロップ書体としてリリースする「娥眉明朝体S」は、細長く弧を描いた眉の形をイメージしたストロークから洗練された女性の柔らかさや優しさを表現した明朝体として開発した人気書体・娥眉明朝体をテロップ表示用に再設計した書体です。
そして「POPミックスS」は、縦画と横画の太さはほぼ均一で旁の右側部分を曲線にし、左側の偏を直線的な切り口にすることでストロークの特徴が際立った端正な雰囲気の中にも遊び心を持ち合わせたPOP系のデザイン書体・POPミックスをテロップ表示用に再設計した書体です。追加される2種類のテロップ書体により、これまで以上に多彩な演出が可能になります。

「テロップ書体」は、液晶画面のあらゆるサイズに対応した書体で、さまざまなテロップで幅広くご利用いただける書体です。
これまでに「平成明朝体S」4ウェイト、「平成ゴシック体S」4ウェイト、「UDゴシック体S」3ウェイト、「UD丸ゴシック体S」3ウェイト、「シネマ凜S」2ウェイトを先行リリースしてきました。
・「テロップ書体」開発秘話はこちら

 
 
テロップ書体の特長


テロップ書体 活用例

テロップ書体の可能性をさらに広げていく「娥眉明朝体S」「POPミックスS」を是非、ご活用ください。

   More Information