DynaSmartシリーズ
2020年06月02日

「金剛黒体 多言語」新3言語合計18書体を「DynaSmart V」で6月5日から提供開始

DynaSmart V:2020年6月新収録書体情報

「金剛黒体 多言語」新3言語、合計18書体を「DynaSmart V」で6月5日から提供開始
 

金剛黒体 新多言語としてクメール語、アルメニア語、ラオス語の3言語、合計18書体を
ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」に6月5日から提供開始

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美)は、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」「DynaSmart 教育機関向けプラン」「DynaSmart 学生版」をご契約いただいているお客様に向けて、2020年新書体「金剛黒体クメール語」「金剛黒体アルメニア語」「金剛黒体ラオス語」の新3言語、合計18書体を2020年6月5日(金)より提供いたします。

  18言語×6ウェイト:「金剛黒体 多言語」書体見本

新3言語も、これまでに発表している15種類の「金剛黒体 多言語」同様に、各言語の個性にあわせた書き方と書体として統一したデザインを採用し、すべての人に快適な読み心地を提供していきます。
金剛黒体特設サイトはこちら



金剛黒体 クメール語/King Gothic KM(文字見本はRegular)

クメール語はインドのブラーフミー系文字に由来しているとされ、カンボジアの公用語として使用されています。母音、子音、二重子音、独立母音といった要素で構成され、上下左右に組み合わせることができるという独特な特徴があります。 金剛黒体クメール語は、正確な書き方を保ちながらも独自の技術により、字母が異なる組み合わせになっても大きさや位置を柔軟に調整することができます。デザイン面では理性と感性のバランスを取り、細かい部分ではクメール文字の柔らかな曲線と幾何学的で左右対称の美しさがそのまま残されています。また、一部の文字でシンプルなデザインを採用し、すっきりと落ち着いた個性を引き出しています。
DF King Gothic KM10(クメール語)Ultralight:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic KM10(クメール語)Thin:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic KMI10(クメール語)Light:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic KM10(クメール語)Regular:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic KM10(クメール語)Medium:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic KM10(クメール語)Semibold:フォントシミュレーションはこちら



金剛黒体 アルメニア語/King Gothic HY(文字見本はRegular)

アルメニア文字は、ラテン語と同様に左から右に向かって書き進める表音文字で、字母は38文字あり、非常に古い表記システムで書かれる文字です。現在、アルメニア語に似たような言語はなく、一般的にインド・ヨーロッパ語族の独立した一語派を形成し、その神秘性から多くの言語学者が関心を寄せています。
金剛黒体アルメニア語は、ふところがしっかりと取られており、シンプルで爽やかなデザインが小さな文字を表示する場合でも優れた視認性を発揮します。デザイン面では、ラテン語と一貫性を持たせながら、アルメニア文字の折れや曲げに見られる独特の書き方を残しています。また、字間を調整し、余白部分を削ることで文字を組んだ時の視覚的なバランスを大幅に向上させています。
DF King Gothic HY10(アルメニア語)Ultralight:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic HY10(アルメニア語)Thin:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic HY10(アルメニア語)Light:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic HY10(アルメニア語)Regular:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic HY10(アルメニア語)Medium:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic HY10(アルメニア語)Semibold:フォントシミュレーションはこちら



金剛黒体 ラオス語/King Gothic LO(文字見本はRegular)

ラオス語は、ラオスの公用語やその他少数民族が使用している言語です。タイ語に近く、美しいループと曲線が特徴的で、独特の風格が漂っています。
金剛黒体ラオス語は、金剛黒体シリーズの特長である字幅が広く、落ち着いたスタイルを継承しています。また、ラオス語を書く際の運筆を取り入れ、母語話者に指導と校正を依頼することでラオス語らしい滑らかで優雅な美しさを余すところなく表現した書体です。
DF King Gothic LO10(ラオス語)Ultralight:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic LO10(ラオス語)Thin:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic LO10(ラオス語)Light:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic LO10(ラオス語)Regular:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic LO10(ラオス語)Medium:フォントシミュレーションはこちら
DF King Gothic LO10(ラオス語)Semibold:フォントシミュレーションはこちら

 


多様な言語に対応し、グローバル社会に対応していくダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」を今後ともよろしくお願いいたします。

すべての人に読みやすく美しい「UD明朝体」6書体を6月5日から「DynaSmart V」に提供開始
「DynaSmart V」に2020年新書体を6月5日から提供開始

【DynaFontネットショップ限定】甲金文体オリジナルグッズプレゼントキャンペーン
【DynaFontネットショップ限定】甲金文体オリジナルグッズプレゼントキャンペーンはこちら

   More Information

次 : 2020年度夏季・お盆期間中の営業に関するお知らせ   
前 : 最新macOS 10.15.6(Catalina)における動作確認状況掲載のお知らせ