ダイナコムウェア
2018年03月20日

DynaFontが2017年度「Agency & Advertiser Of the Year」賞を受賞

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行うダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美)の台湾法人であるDynaComware Taiwan Inc.は、DynaFont(ダイナフォント)シリーズ「古籍五書体(繁体字版)」に関する2017年度のプロモーション活動を評価いただき、2017年度「Agency & Advertiser Of the Year」賞から「B to B広告賞銀賞」を受賞したことをお知らせいたします。

Agency & Advertiser Of the Year
「Agency & Advertiser Of the Year」賞は、広告業界専門誌「動脳雑誌(Brain Magazine)」と台湾広告主協会(TAA)が主催する台湾の広告業界を代表する賞の1つです。
DynaFontが2017年度「Agency & Advertiser Of the Year」賞を受賞
古籍五書体(日本語版)
古籍五書体は、台湾の「故宮博物院」に収録された古籍と復刻版の古籍の出版品から「元豊類稿」「唐百家詩選」「天工開物」「四庫全書」「范伯子集」の五冊の古籍に書かれた文字をベースに開発されたデジタル書体です。当時の文人達が描いた文字への飽くなき姿勢に触発され、完成度を高める為に6年間という開発期間を費やして生まれたこの五書体は、古籍という名に相応しい壮大な五書体として、それぞれ「古籍木蘭」「古籍糸柳」「古籍真竹」「古籍銀杏」「古籍黒檀」と命名されました。2014年にはグッドデザイン賞を受賞しています。
古籍五書体の各書体の詳細に関しましては、それぞれのダイナフォントストーリーをご参照ください。
DynaFont PICK UP書体-古籍木蘭
DynaFont PICK UP書体-古籍糸柳
DynaFont PICK UP書体-古籍真竹
DynaFont PICK UP書体-古籍銀杏
DynaFont PICK UP書体-古籍黒檀
古籍五書体は現在、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart」シリーズに収録されています。
「DynaSmart」シリーズの詳細はこちら

DynaFontは人々のコミュニケーションを快適で円滑なものにするために美しい文字文化と共に、これから先の未来も社会に貢献して参ります。