DynaFont製品
2015年10月20日

2015年新書体「シネマ凜」リリースのご案内

キャッチコピーを名シーンへと演出する
感情表現豊かな字幕書体「シネマ凜」

ダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美)は、2015年のDynaFont日本語新書体として「シネマ凜」をリリースします。
「シネマ凜」はダイナフォント年間ライセンス「DynaSmartシリーズ」をご契約いただいているお客様へ向けたDynaSmartシリーズ アップグレード2015」に収録となります。
「DynaSmartシリーズ アップグレード2015」は11月下旬より順次ご発送いたします。
こちらは2015年10月末日時点で「DynaSmartシリーズ」をご契約中のお客様を対象に、無償で提供させていただくサービスとなります。

■シネマ凜

 シネマ凜
長年、映画などの字幕を手掛けてきた字幕師の手書き文字を基に開発した字幕書体です。
字幕師本人が書いた手書き文字の個性を最大限に活かし、躍動感を感じさせる感情表現豊かな書体になっています。
映像作品のテロップやキャッチコピーなどにオススメで、コンテンツをドラマティックに演出します。
「シネマ凜」書体見本はこちら
 シネマ凜の特徴
【本件に関するお問い合わせ先】
ダイナコムウェア株式会社
TEL : 03-3556-6618
FAX : 03-3556-6593
お問い合わせはこちら
次 : テロップ書体「太丸ゴシック体S」3ウェイトを「DynaSmart V」にて10月26日に提供開始   
前 : ダイナフォントを代表する新時代のゴシック体「金剛黒体」を「DynaSmart T」に10月26日から提供