DynaSmartシリーズ
2024年02月19日

幻想的に舞うダイナフォント2024年新毛筆系書体「金蝶体」を発表

ダイナフォント2024年新書体「金蝶体」

羽ばたく金の蝶が幻想的に詩の彼方へ誘うダイナフォント2024年新書体「金蝶体」を発表


羽ばたく “金の蝶” が幻想的に詩の彼方へ誘う
ダイナフォント2024年毛筆系新書体「金蝶体」を発表

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行うダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美)はDynaFont(ダイナフォント)2024年日本語新書体として、羽ばたく “金の蝶” が幻想的に詩の彼方へ誘う毛筆系新書体「金蝶体(ルビ:きんちょうたい)」を発表させていただきます。
 
○2024年新書体「金蝶体」書体見本
2024年新書体「金蝶体」書体見本 ※現在、開発中につき、リリース版と異なる可能性がございます。

 「金蝶体」は『金花体』や『金文体』など、ダイナフォントを代表する書体を数多く手掛けてきた書体デザイナーであるOliveが、 台湾の高名な詩人の筆跡を会得して生まれた新たなる毛筆系書体です。
小楷で書かれた筆跡に啓発を受けてその精神を汲み取りつつ、クリエイターとしての芸術的想像にこれまで培ってきた書体デザイナーとしての経験を重ね合わせることで、この舞い躍る蝶の羽ばたきのような「金蝶体」を生み出しました。
奥ゆかしく詩情に溢れる文字の佇まいには文人の魂が宿り、そのしなやかな文字が詩を奏でます。

 
○page2024で2024年新書体「金蝶体」を初披露
page2024ブース写真02写真はpage2024での金蝶体の展示を含むダイナコムウェア株式会社による特別特設ブース

今回の発表に先駆け、2024年2月14日から16日まで東京・池袋サンシャインシティで開催された印刷メディアビジネスの総合イベント「page2024」のダイナコムウェアブースにて「金蝶体」の情報を解禁し、書体見本や特徴などを紹介させていただきました。
ダイナフォント代表書体である「金剛黒体」と「金剛明朝体」の最新情報とあわせ、それぞれの書体の魅力を余すところなく伝えた迫力ある特別展示ブースは会場で大きな注目を集めました。
中でもやはり新書体に関する注目度が最も高く、来場者さまから「金蝶体」の特徴についての質問や、『自分でも早く使ってみたいです』というリリースを心待ちにされる声や、『とても綺麗な素敵な文字だと思います』といった書体への好意的な感想など、たくさんの貴重なご意見をいただくことができました。
今後も「金蝶体」に関する最新情報が入り次第、公式サイトのお知らせなどでも随時取り上げていきますので、続報をどうぞお楽しみに!

  
2024年春に「金蝶体」収録予定!! ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」
  「DynaSmart V」は国内外のアワードを受賞した優れたデザインのフォントや多言語フォントを含むダイナフォント全書体を収録し、印刷物、Webデザイン、デジタルコンテンツ、映像・動画、ゲームといった幅広いコンテンツにダイナフォントを許諾対応した、安心の年間ライセンスです。
・ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」詳細はこちら
・DynaFont採用事例一覧はこちら
 

 
前 : 【2024年4月17日付】フォント改訂のお知らせ