展示会情報
2019年10月30日

「Embedded Technology 2019/組込み総合技術展」出展のご案内

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行うダイナコムウェアは、パシフィコ横浜で2019年11月20日(水)~11月22日(金)に開催される「Embedded Technology 2019/組込み総合技術展」に出展いたします。

ブースでは、多言語統一デザインのゴシック体フォント・金剛黒体を用いた組込みフォントソリューションによる「HMIデモ」や、液晶表示に適した組込み機器搭載向けにカスタマイズした「組込みUDフォント」、デザイン性の高いTrueTypeフォントを組込み開発で使用できるフォント展開ライブラリ「DigiType API」、「中国語フォントセット / GB18030」の日本での正式な契約方法などをご案内する予定です。

EIPCでダイナコムウェアブース「組込みフォント」の見どころを紹介中!
「Embedded Technology West 2019/組込み総合技術展 関西」
組み込みシステム開発に役立つ情報を集約したポータルサイト「EIPC」にて、「ET&IoT Technology 2019」で見るべき製品として、「金剛黒体」や「DigiType API」、「中国語フォント(簡体字)GB18030対応フォントセット」といったダイナコムウェアの組込みフォントが紹介されています。
こちらも併せて、ご参照の程、宜しくお願い致します。
・紹介ページはこちら
・EIPC内ダイナコムウェア製品一覧ページはこちら

会期中、専門スタッフがフォントの各種カスタマイズや技術的なご相談を含めお客様のご質問に随時、ご対応いたしますので、是非、ブースまでお気軽にお立ち寄りください。

【“アジア最大規模のエッジテクノロジー総合展”へと進化する「ET/IoT Technology 2019」】
「ET/IoT Technology 2019」は、IoTの新潮流であるエッジコンピューティングをいち早くキャッチアップしコア技術である“エッジテクノロジー”にフォーカスをあてた最先端情報を一望できる展示会です。<ET×ET(エッジテクノロジー)>をキャッチフレーズに、組込みとつなげる技術を背景に「エッジ領域でどこまでのことができ、どんなもの(新たな価値)を生み出せるのか」をテーマに置いてテクノロジー視点にとどまらず、インダストリ、マーケット視点からの訴求を含め幅広い領域から最新トレンドを発信、新たなIoTサービスの創出を強力に促進していきます。

 

Embedded Technology 2019/組込み総合技術展

公式サイト
「Embedded Technology West 2019/組込み総合技術展 関西」
主催
一般社団法人 組込みシステム技術協会
同時開催
IoT Technology 2019/IoT総合技術展
入場方法
入場料無料でご入場いただけます。「展示会来場事前登録」のページから事前登録して下さい。
「展示会来場事前登録」はこちら
日程
2019年11月20日(水)~22日(金)
10:00~17:00、21日(木)は18:00まで
会場
パシフィコ横浜
住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
アクセスはこちら
ブース
Embedded Technology 2019/組込み総合技術展MAP
小間番号はB-60となります。
展示内容
▼液晶表示に適したゴシック体フォント・金剛黒体による組込みフォントソリューションによる「HMIデモ」
「金剛黒体」は、体験設計認定マークを取得した、視認性に優れ、液晶表示においてストレスフリーな読み心地を体験できるゴシック体フォントです。 2019年1月現在、日本語、中国繁体字、中国簡体字、韓国語、欧州言語、アラビア語、タイ語、タイ語モダンタイプ、ベトナム語、ヒンディー語、ヘブライ語、ビルマ語、ベンガル語、シンハラ語、タミル語の15種類の言語に対応しており、国内向け、国外向け製品での文字デザインを統一でき、ローカライズに大変優れたフォントです。 国内外でも高い評価をいただき、GOLDEN PIN DESIGN AWARDの「ベスト・オブ・ゴールデン・ピン」受賞や、Kデザイン賞2019(K-DESIGN AWARD)の「Grand Prize(大賞)」を受賞しています。
「金剛黒体」特設ページはこちら

▼組込み機器搭載向けにカスタマイズした「組込みUDフォント」
老若男女、また障害の有無を問わず誰にでも読みやすいように視認性・可読性に優れたダイナフォントのUD(ユニバーサルデザイン)フォントシリーズを、組込み機器搭載向けに「組込みUDフォント」として更にカスタマイズしました。
ブースでは一般的なUDフォントとの違いや「組込みUDフォント」に対応したBitmapフォント、TrueTypeフォント、DigiTypeフォント(軽量スケーラブルフォント+専用フォントラスタライザ)をご案内いたします。

▼組込み開発でもデザイン性の高いTrueTypeフォントが使えるフォント展開ライブラリ「DigiType API」
表示デモを用いて「DigiType API」エフェクト機能をビジュアルでご紹介いたします。 エフェクト機能には、斜体、ボールド、縁取り、長体、平体があります。
またオプション機能として、BLUR、DROP SHADOW BLUR、INNER BLUR、GRADATION、DROP SHADOW、MULTI GRADATION、TEXT GRADATION MIRROR、TEXT MIRRORに対応しています。

▼中国語フォントセット / GB18030
中国語文字表示・出力製品に搭載するビットマップフォントは、「ビットマップフォント標準字形の国家規格」に基づいた字形データを使用する必要があります。 ダイナコムウェアは中国政府(中国電子技術標準化研究院)との契約に基づき、GB18030規格関連のフォントの日本国内におけるライセンス管理業務を行っています。
GB18030に関する詳細はこちら
お問い合わせ
ダイナコムウェア株式会社
【TEL】03-3556-6638
【FAX】03-3556-6593
お問い合わせフォームはこちら
次 : サーバーメンテナンスによるサービス一時停止のご案内   
前 : 最新macOS 10.15.1(Catalina)における動作確認状況掲載のお知らせ