セミナー情報
2019年06月27日

「日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会」にて口頭セッション参加のお知らせ

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行うダイナコムウェアは、2019年6月28日(金)から6月30日(日)に名古屋市立大学桜山キャンパスで開催となる「日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会」の口頭セッションに参加いたします。
「日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会」は、「デザインとヒト:未来に向けて」を主題に、これからの未来に対して新たな「デザインとヒト」について考えていく大会になっています。
 
ダイナコムウェア株式会社が参加する口頭セッションでは、弊社営業部長である小関隆史が株式会社ホロンクリエイトの井上勝雄氏、池田敏彰氏と共同で「漢字フォント書体の感性デザイン視点からの分析」について発表させていただきます。こちらの発表時間は6月29日(土)9時から11時となっています。

「日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会」開催概要

名称
日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会
サイトはこちら
主催
日本デザイン学会
日程
2019年6月28日(金)~6月30日(日)
ダイナコムウェアが参加する口頭セッションは2019年6月29日(土)9時~11時となります。
会場
名古屋市立大学 桜山キャンパス(名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地)
「漢字フォント書体の感性デザイン視点からの分析」は口頭8会場、A8-03となります。
参加方法
事前登録は終了しました。
受付で現金払いにて当日登録いただく事でご参加いただけます。
詳細はこちら
発表内容
漢字フォント書体の感性デザイン視点からの分析
講演者:株式会社ホロンクリエイト・井上勝雄氏、池田敏彰氏、ダイナコムウェア株式会社・小関隆史
お問い合わせ
ダイナコムウェア株式会社 第8営業部
【TEL】03-3556-6638
【FAX】03-3556-6593
お問い合わせフォームはこちら
次 : 「Vietnam ETE 2019-12th International Exhibition On Electrical Technology & Equipment」出展のご案内   
前 : 「金剛黒体」が第1回体験設計認証(CXD)で体験設計支援ツール部門を認証