展示会情報
2019年04月02日

「第28回Japan IT Week【春】前期/第22回組込みシステム開発技術展 春」出展のご案内

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行うダイナコムウェアは、東京ビッグサイトで2019年4月9日(水)~4月12日(金)に開催される「第28回Japan IT Week【春】前期/第22回組込みシステム開発技術展 春」に出展いたします。
ブースでは、液晶表示に適した多言語統一デザインによるゴシック体フォント「金剛黒体」や組込み機器搭載向けにカスタマイズした「組込みUDフォント」、主要なGUI開発ツールと連携した「組込みフォントソリューション」、組込み開発においてデザイン性の高いTrueTypeフォントを使用できるフォント展開ライブラリ「DigiType API」、「中国語フォントセット / GB18030」における日本での正式な契約方法についてご案内いたします。
また、会期中、「体験設計認証」制度が本格スタートした体験設計認証(CXD)を取得した製品と募集要項についてもご案内する予定です。 会期中、専門スタッフがフォントの各種カスタマイズや技術的なご相談を含めお客様のご質問に随時、ご対応いたしますので、是非、ブースまでお気軽にお立ち寄りください。

【Japan IT Week 春 前期】
Japan IT Week 春前期では、組込みシステム開発技術展とIoT/M2M展の2展が開催されます。組込み技術者やIoT導入を目的としたユーザーが合計40,000名来場し、620社が出展する本業界日本最大級の専門展となります。

【組込みシステム開発技術展】
CPU/MCU、ミドルウェア、ボード・コンピュータ、開発ツールなどが一堂に出展する専門展です。自動車・輸送機器、FA機器、精密・医療機器、通信・モバイル、家電・AVなどのメーカーの設計者・開発者の方々が多数来場し、出展企業と活発な商談が行われます。

 

「第28回Japan IT Week【春】前期/第22回組込みシステム開発技術展 春」出展概要

公式サイト
「第28回Japan IT Week【春】前期/第22回組込みシステム開発技術展 春」
同時開催
第8回IoT/M2M展
入場方法
本展のご入場には招待券が必要です。(本券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人) 下記より展示会をお選びいただき、お申込みください。
※本展は商談のための展示会です。学生および18歳未満の方のご入場はお断りさせていただきますのでご了承ください。
招待券お申込み(無料)はこちら
日程
2019年4月10日(水)~4月12日(金)10時~18時
(※4月12日(金)のみ17時まで)
会場
東京ビッグサイト
住所:〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
アクセスはこちら
ブース
「第28回Japan IT Week【春】前期/第22回組込みシステム開発技術展 春」Map 東京ビッグサイト西 1ホール7-3ブースとなります。
展示内容
■液晶表示に適したゴシック体フォント「金剛黒体」
体験設計認定マークを取得した、視認性に優れており、液晶表示においてストレスフリーな読み心地を体験できるゴシック体フォントです。 2019年1月現在、日本語、中国繁体字、中国簡体字、韓国語、欧州言語、アラビア語、タイ語、タイ語モダンタイプ、ベトナム語、ヒンディー語、ヘブライ語、ビルマ語、ベンガル語、シンハラ語、タミル語の15種類の言語に対応しており、国内向け、国外向け製品での文字デザインを統一でき、ローカライズに大変優れたフォントです。
「金剛黒体」特設ページはこちら

■組込み機器搭載向けにカスタマイズした「組込みUDフォント」
老若男女、また障害の有無を問わず誰にでも読みやすいように視認性・可読性に優れたダイナフォントのUD(ユニバーサルデザイン)フォントシリーズを、組込み機器搭載向けに「組込みUDフォント」として更にカスタマイズしました。 ブースでは一般的なUDフォントとの違いや「組込みUDフォント」に対応したBitmapフォント、TrueTypeフォント、DigiTypeフォント(軽量スケーラブルフォント+専用フォントラスタライザ)をご案内いたします。
「組込みUDフォント」を含むダイナフォント(DynaFont)紹介ページはこちら

■組込み開発でもデザイン性の高いTrueTypeフォントが使えるフォント展開ライブラリ「DigiType API」
表示デモを用いて「DigiType API」エフェクト機能をビジュアルでご紹介いたします。 エフェクト機能には、斜体、ボールド、縁取り、長体、平体があります。 またオプション機能として、BLUR、DROP SHADOW BLUR、INNER BLUR、GRADATION、DROP SHADOW、MULTI GRADATION、TEXT GRADATION MIRROR、TEXT MIRRORに対応しています。
「DigiType API」はこちら

■中国語フォントセット / GB18030
中国語文字表示・出力製品に搭載するビットマップフォントは、「ビットマップフォント標準字形の国家規格」に基づいた字形データを使用する必要があります。 ダイナコムウェアは中国政府(中国電子技術標準化研究院)との契約に基づき、GB18030規格関連のフォントの日本国内におけるライセンス管理業務を行っています。
GB18030に関する詳細はこちら

■体験設計認証(CXD)
ダイナコムウェア株式会社が所属するCXDS〈Consortium for Experience Design Support、体験設計支援コンソーシアム〉では、製品・システム・サービス等の開発、運営に関わる全ての人に、優れた体験を提供する中小企業の連携事業成果を認証する「体験設計認証(CXD)」を本格的に開始し、「CXDマーク」にふさわしい成果や事例を皆様から広く募集いたします。会期中、体験設計認証(CXD)を取得した製品と募集要項についてご案内します。
体験設計認証(CXD)第1回事例募集のお知らせに関する詳細はこちら
お問い合わせ
ダイナコムウェア株式会社
【TEL】03-3556-6638
【FAX】03-3556-6593
お問い合わせフォームはこちら
次 : 新元号「令和」合字に早くも全書体対応、お求めやすい価格で「DynaSmart T」新発売   
前 : ゴールデンウィーク休業のお知らせ