DynaFont採用事例
2021年06月21日

「たまごの魔法屋トワ」シリーズ

DynaFontロマン風書体

ロマン風書体採用事例「たまごの魔法屋トワ」シリーズ」 Copyright Bunkyosha Co., Ltd. All Rights Reserved.
著者:宮下恵茉/イラスト:星谷ゆき/デザイン:稲永明日香

ロマン風書体採用事例「たまごの魔法屋トワ」シリーズ」 Copyright Bunkyosha Co., Ltd. All Rights Reserved.
著者:宮下恵茉/イラスト:星谷ゆき/デザイン:稲永明日香
 
文響社が発売する、宮下 恵茉氏著作で、星谷 ゆき氏がイラスト、稲永 明日香氏がデザインを担当した児童文学「たまごの魔法屋トワ」シリーズに、ダイナフォント「ロマン風書体」が採用されています。
「たまごの魔法屋トワ」は、すべての漢字にふりがなが入った、ひとり読みをはじめたお子さんにもぴったりの内容の物語で、巻末には楽しいオリジナル・ポストカードも付いています。
見習い魔女のトワが10歳の誕生日に不思議なうさぎのぬいぐるみと出会い、伝説の「たまごの魔法屋」となって、悩める人間たちの困りごとを解決していきます。
2020年4月に第1作が刊行された後、2020年7月に第2作が刊行されました(2021年6月現在)。

【文響社さんに訊きました!】作品に「ロマン風書体」をご採用いただいた理由について教えていただけますか?
物語の舞台となる魔法世界の雰囲気にぴったりだったため、採用に至りました。

・第1作「たまごの魔法屋トワ」の詳細はこちら
・第2作「たまごの魔法屋トワ②」の詳細はこちら

ロマン雪「魔」
ロマン雪
カテゴリー:ロマン風書体
書体の太さ:W9
1925年の藤原太一著書による『図案化せる実用文字』から着想を得て、図中の婦人の華麗な装いや愛らしいスタイルをヒントにして、大正末期から昭和初期にかけての古典ロマンの雰囲気を再現した書体です。
「ロマン輝」書体見本

ロマン輝「魔」
ロマン輝
カテゴリー:ロマン風書体
書体の太さ:W9
大正時代の伝統的な明朝体に昭和初期に発行された書籍のタイトル部分の特徴を組み合わせてデザインした書体です。縦画、横画、左はらい、右はらいなどにある欧風装飾が特長です。
「ロマン輝」書体見本

優雅宋「魔」
優雅宋
カテゴリー:ロマン風書体
書体の太さ:W3/W5/W7
細い横線と太い直線で構成され、ストロークの先端と末端に欧文書体の花文字のような装飾が施されているのが特徴的な書体です。優雅さや華やかさを表現できる書体として様々な場面で使用されています。
「優雅宋」書体見本

文響社ロゴ
文響社
設立:2010年4月
所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館9F
URL:https://bunkyosha.com
文響社はビジネス書・実用書を中心に書籍を手がける出版社です。「うんこ漢字ドリル」「人生はニャンとかなる」シリーズなど、楽しさと実用をかねた作品を提供しています。

   More Information