ダイナフォントストーリー
2021年02月02日

単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」

文字に想いを寄せて、日常生活に温かみをもたらす

単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」

ここ数十年でコンピューターやネットワークの発展は実に目覚ましく、日々目新しいデジタル製品が誕生しています。
私たちの日常生活においても、仕事で使うソフトウェアの操作やメールの返信、撮影した写真のSNSへの投稿、Bluetoothイヤホンで楽しむPodcast、また、忙しい合間のコーヒーブレイクもコーヒーメーカーに内蔵されたマイコンが量や時間を計算してくれるなど、様々な場面で数多くの信号が絶えず送受信を繰り返しています。
高速かつ便利なデジタル化が進む現代では、ディスプレイや印刷された文字も0と1の組み合わせで表現できるようになりましたが、元来、文字は人の手で書かれ受け継がれた文化であり、それぞれの書き手の個性や美しさが反映される存在でもあります。
全てがシンプルかつ効率的で数字で占められた空間は非常に均質的で合理的な世界と言える反面、冷たく硬質的な印象も与えてしまいます。
こうしたデジタル化が進む日常生活から無機質さと規則的な要素を少しでも取り除き、感情を込めて温かみをもたらすことはできないものでしょうか。
現代の日常生活の中でヒューマニズムの方向性を開拓することに力を入れている「ダイナコムウェア」では、中国の独立系書店およびクリエイティブブランド「単向空間(OWSpace)」と共同で、文字の本質と日常生活との関係を探り、文字で時の流れとその軌跡を再現することをテーマに、簡体字中国語版2021年ダイナフォントカレンダー「歳月未済・字始字終(訳:月日はこれからも続いていく・文字に始まり文字に終わる)」を制作しました。


ドイツの思想家のヴァルター・ベンヤミンの著書である「単向街(訳:この道、一方通行)」を由来にした「単向空間(OWSpace)」は、「単向街図書館(One Way Street Library)」という名称で作家や監督、芸術家や若者が集まる「文青(訳:文芸青年)」の聖地として知られた存在でした。
その後、「単向空間(OWSpace)」へと名称を変更し、ビジネス路線へと舵を切った「単向空間」は、「単談(訳:サロン)」、「単読(訳:出版)」、「単厨(訳:レストラン)」、「単選(訳:オリジナルデザイン)」の4つのブランドによる展開で、より立体的で多面的な生活スタイル空間へと進化を遂げていきました。
その「単向空間」による「単向暦(訳:単向カレンダー)」は、日常生活に溶け込み読んで考えるという要素を取り入れることでカレンダーをめくる時、文字で日常生活を解釈することができるという視点が高く評価されたオリジナルカレンダーです。
そして「単向暦」をもとに、新たにダイナコムウェアと共同で制作したカレンダーが「歳月未済・字始字終」です。
「単向空間」は「歳月未済・字始字終(訳:月日はこれからも続いていく・文字に始まり文字に終わる)」で、文字をテーマにメインビジュアルをデザインする中、ダイナフォントの書体の一点一画に人の温かみを感じ取り、あえてシンプルさを重視し、黒の背景に金の箔押しをすることで文字を際立たせました。

 
単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」
単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」
「歳月未済・字始字終」では1月から12月まで、それぞれに「歳始(訳:年の始め)」、「初生(訳:物の誕生)」、「柳曳(訳:柳が揺れる)」、「清和(訳:和やかな天気)」、「木盛(訳:木が生い茂る)」、「洞若(訳:見通し)」、「竹勁(訳:竹が聳える)」、「情長(訳:永遠の愛)」、「護佑(訳:ご加護)」、「経秋(訳:秋が来る)」、「融貫(訳:徹底的に広く受け入れる)」、「復始(訳:新たなスタート)」といったテーマを設け、カレンダーを手に取ると、古代文明へと遡った書体である「甲金文体」からは生命の神秘性を、風になびいて揺れているような「古籍糸柳」からはそよ風の優しさを、静かで落ち着いた雰囲気の「青花ゴシック体」からは生活の中にある禅の心を、全ての人を平等に扱う「UDゴシック体」からは誰かを気遣う心を、表情の変化を感じられる「娥眉明朝体」からは溢れんばかりの愛情を、デザインに統一感のある「金剛黒体多言語」からは、世界への道標を垣間見ることができるでしょう。
「歳月未済・字始字終」は、カレンダーをめくったり切り離したりする中で、書体も入れ替わることで現代の日常生活に人間味のあるエッセンスを注ぎ込んでいきます。


 
単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」
単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」
単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」
デジタルフォントは文字の使用を効率的かつ規則的なものにしましたが、ダイナフォントとして提供するフォントは、デザイナーが一点一画を描くことから始まり、起筆や収筆の形、はらいの角度、ふところの広さといった全ての工程に感情を込めて制作しています。 ダイナコムウェアが提供するダイナフォントは、文字をタイムスリップさせ、冷たく硬いイメージのデジタル時代においても人の心に寄り添り温かみを与える、火打ち石のような存在としてこれからも精進し続けていきます。
  単向空間(OWSpace)×ダイナコムウェア「2021年ダイナフォントカレンダー簡体字中国語版」
※上記画像の金色箇所はプロセスカラー(CMYK)で作成されているため、実際の色とは異なります。
※本カレンダーは非売品です。

単向空間(OWSpace)ロゴ
単向空間(旧:単向街書店)は、中国きってのユニークな独立系書店の一つで、質の高い書籍を紹介する文化サロンとして知られています。設立から15年が経過した現在、中国国内の有名な実店舗型文化的スペースとなり、マルチメディアでのオリジナルコンテンツの出版や文化サロン、オリジナルグッズの制作なども手掛ける総合的な文化系クリエイティブ集団としても活動しています。
知性、思想、文化的生活のための公共空間を提供し、開放的、自由、対話の精神を提唱することで、文学と思想の成長を促すことに尽力し、消費とエンターテイメントが占める現代においても常に思考の価値を強く主張しています。また、社会の手本となるように影響力のある思想家やクリエイターを招聘し、互いに経験を共有したり、今後の見通しを議論し合うなど、ヒューマニズムの精神を強化し、創造力を支援し、今後も若い世代のインテリジェンスな生活スタイルを受け入れながら、より一層有意義な生活をリードしていきます。
http://www.owspace.com/

前 : 間違えにくく、読みやすく、そして、美しい文字「UD明朝体」が提案する、これからのライフスタイル