ゲーム・アプリでの採用事例
2020年02月27日

株式会社スマイルアクス/萌酒ボックス

DynaSmart V採用事例

DynaSmart V採用事例「萌酒ボックス」
萌酒Ⓡ / cSMILEAXE, 2020. All rights reserved.

 
株式会社スマイルアクス 開発部プロモーショングループプロモーションリーダー・貴志砂印様
株式会社スマイルアクス 開発部プロモーショングループ
プロモーションリーダー・貴志砂印様

 
 
株式会社スマイルアクスに、ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」をご契約いただき、同社が開発・運営するスマホゲームアプリ「萌酒ボックス」に、収録書体となる「雲海体」を中心にダイナフォント各書体をご採用いただいています。
「萌酒ボックス」は、実在する全国50以上の酒蔵が協力のもとに様々な日本酒の銘柄を擬人化した、世界初となる酒造りシミュレーションという斬新なゲーム性も話題を呼んでいるタワーディフェンスゲームです。
今回、「萌酒ボックス」のプロモーションを担当される同社のプロモーショングループリーダーである「貴志砂印(キシ サイン)」様に、ゲーム内容およびゲームで使用されているフォントに関してお話を伺いました。
ー本日は、よろしくお願いします。まず「フォント」についてお話しいただく前に、「萌酒ボックス」がどういうゲームなのか、簡単にご紹介いただけますでしょうか。
『萌酒ボックス』は、日本酒を擬人化した酒造りシミュレーションゲームです。敵を倒し、素材を集めて、お酒を造り、お酒からキャラクターを生み出し、冒険に出るという、ゲームサイクルなのですが、私たちが望んでいる事は、ゲームを通して『用語』や『ラベルの美しさ』など、日本酒の文化に対する『興味の一歩』を踏み込んで頂き、日本酒業界とゲーム業界の架け橋になる事です。また、お酒を普段飲まれる方には『飲むキッカケ』を与えられたらと思っています。
日本全国50以上の酒蔵に許可を頂いていまして、時間はかかってしまうかもしれませんが、順次、擬人化していく予定です。地元の日本酒が参戦したら、少しワクワクするんじゃないかと思います。
 
「萌酒ボックス」バナー
豪華な声優陣陣によるキャラクターボイスも萌酒ボックスの魅力の1つ。
萌酒ボックス公式サイトはこちら

 
〇「萌酒ボックス」ゲーム画面
「萌酒ボックス」ゲーム画面
萌酒Ⓡ / cSMILEAXE, 2020. All rights reserved.

ー全国の酒造さん全面協力による日本酒銘柄の擬人化という、オリジナリティあふれるゲームですが、開発における酒造様とのエピソードなどあればお聞かせくださいますか。
許可を頂くにあたり、日本酒のイベントなどでご挨拶を行ったりしていたのですが、中でも弊社の営業が様々な酒蔵様に足を運んだ事が印象深いです。これは他の企業では、なかなか行えない事なんじゃないかと思います。その事で、酒蔵様との距離感は非常に近く、キャラクター化する際にご意見を吸い上げる事も行えました。単純に『性別』の希望だけ頂く事もあれば、『〇〇の様なキャラクター』と具体的に言って頂く事もあったり、酒蔵様の趣味趣向が、若干デザインに入っている所も注目です。


〇「萌酒ボックス」登場キャラクター
「萌酒ボックス」王紋イラスト
キャラクターデザイン:Harui
Twitterはこちら
「萌酒ボックス」旭神威イラスト
キャラクターデザイン:伊奈きちこ
Twitterはこちら
「萌酒ボックス」三河武士イラスト
キャラクターデザイン:黒井ススム
Twitterはこちら
「萌酒ボックス」イットキーイラスト
キャラクターデザイン:フク
Twitterはこちら
「萌酒ボックス」玉乃光 備前雄町イラスト
キャラクターデザイン:茶椿
Twitterはこちら
「萌酒ボックス」英君 誉富士イラスト
キャラクターデザイン:字消
Twitterはこちら

 
ーそれでは、今回、御社がダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」 をご契約いただけました理由を教えていただけますか。
過去に使用経験があり、種類の豊富さのイメージがあった事と、費用面でも現実的であった為、『DynaSmart V』を導入させていただきました。アニメやゲームなどにも使用されているので、安心感も高いです。
 

ータイトルやキャラクターなどメインで「雲海体」を採用した理由をお聞かせくださいますか。
ゲームのトーンとして『和風』『筆』などのイメージが先行していたのですが、イメージ直球では、文字の強さが出過ぎてしまう事があり、『雲海体』の線の細さと太さで構成された躍動感が作品の楽しさ親しみやすさに繋がるかと思い採用しました。
 
雲海体
 
ー「雲海体」以外にも「大河体」や「ロマン鳳」、また、その他にも様々なダイナフォントをご使用いただき、誠にありがとうございます。御社がフォントを選定する上で重要視している部分、また、ゲーム制作に おいてフォントが持つ意味についてお聞かせいただけますか。
フォントを選定する上で重要視しているのは『世界観』です。ゲームを作る上で楽しさを追求する事はモチロンなのですが、フォントは『世界観』の没入を無意識に助ける超重要なファクターです。当然、全員が気にする事じゃないのかもしれませんが、だからと言って、何でも良いかと言えば答えは否! その世界観に適したフォントが必ずあって、それがハマるから『すんなり世界に入り込める』のだと思っています。
 
大河体・ロマン鳳
 
ー2019年11月18日にリリースされた「萌酒ボックス」はゲーム本編を飛び出して、実際にお酒と萌酒グッズを販売するオンラインショップ「萌酒 online SHOP」などの開設など、リアルでも活躍が目覚ましいですが2020年における展開など、お話できる範囲で教えていただけますか。
ゲームからお酒が買えてしまう新たな試みにチャレンジしている『萌酒ボックス』ですが、ゲームとしてだけではなく日本酒の宣伝ツールとして、皆様に活用されたいと思っています。徐々にですがキャラクターを増やしていき、新キャラクターの登場=オンラインショップでの新商品取り扱いみたいな感覚で、リアルとの融合を感じて頂ければと思っています。2020年は、お店でお酒を呑み、料理を食べながらゲームの話をするイベントなんかも行いたいと思っています。
 
萌酒グッズ
写真に写っている萌酒グッズは「萌酒 online SHOP」で好評発売中。
「萌酒 online SHOP」はこちら

〇雲海体…萌酒ボックス主要書体
雲海体書体見本
激しく変化する自然をヒントに、伝統行書と融合させた書体です。太線と細線を両方を採用することによって、雲と海の波のような筆触を表現し、大きな躍動感を演出しています。
雲海体 Win版はこちら雲海体 Mac版はこちら


〇大河体…萌酒ボックス使用書体一例
大河体書体見本
筆文字ならではの勢いや力強さを表現した女性書道家による毛筆系書体です。筆は鼬(いたち)の毛の筆を使用しており、その特徴である優れた弾力性が、起筆や払いの勢いに見事に反映されると共に、流れるような筆運びにも色濃くあふれています。
大河体開発秘話はこちら大河体 Win版はこちら大河体 Mac版はこちら


〇ロマン鳳…萌酒ボックス使用書体一例
ロマン鳳書体見本
昭和2(1927)年に発行された『演芸と映画』をアイデアに、人々の日常や風情を描いた浮世絵的なスタイルを文字印象に応用した書体です。葉の形状を、右はらい、左はらいなどのストロークに取り入れています。また、部分的に半円狐を組み合わせることで、ややフラットな字形で穏やかさをイメージさせました。
ロマン鳳Aはこちらロマン鳳Bはこちら



〇「萌酒ボックス」概要
萌酒ボックスロゴ

貴志砂印(キシ サイン)写真
 
貴志砂印(キシ サイン)
Profile●2009年からゲーム会社に入社。アーケードゲームや家庭用ゲームのIP作品やF2P作品の企画を担当。
その後、オリジナルIP作品のシナリオとプロモーションを経て、2018年に株式会社スマイルアクスに入社。
お酒の擬人化ゲーム『萌酒ボックス』のプロモーションやシナリオを担当し現在に至る。
また、個人として舞台や朗読劇、映画の脚本も手掛ける。
貴志 砂印Twitterはこちら
株式会社スマイルアクスロゴ
株式会社スマイルアクス
設立:2009年5月20日
所在地:〒102-0081 東京都千代田区四番町2-1クレール東郷坂1F
URL:https://www.smileaxe.com
主に、ゲームソフト及びモバイルコンテンツの企画・開発、遊技機の液晶制御・オーサリング・エフェクト・素材作成、CG映像の制作を手掛けています。

   More Information

次 : メダロットS   
前 : 『ファンタシースターオンライン2』が持つ壮大な世界観を支えるダイナフォント