連載コラム
2011年01月07日

ぬらくら 第6回 最高と最短

新年明けましておめでとうございます。
本年もこのコーナー、ぬらりくらりと捕らえどころがありませんが、ご愛読の程よろしくお願い致します。

昨年は待てど暮らせど上昇気流がわかず暗雲の垂れ込めたままの世の中でした。今年こそはこの憂い雲を吹き飛ばす風を吹かせたいものです。

世界一高い山はヒマラヤ山脈にあるエベレスト (Everest) 山で8,848m。
世界一長い川は九つの国(上流の国からタンザニア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、コンゴ民主共和国、ケニア、エチオピア、スーダン、エジプト、エジプト)を縫って流れるナイル川で総延長距離 6,695km。
世界一長い川より世界一高い山の方が数字が大きいんですね。

日本で一番高い山は言うまでもない3,776mの「富士山」。
それでは、一番長い川はどこでしょう。

そう、信濃川です。
全長367kmの信濃川は長野県と山梨県、埼玉県の県境にある甲武信岳(こぶしだけ)にその源流があり、長野市を抜けて新潟市で日本海に注いでいます。
日本一長い信濃川ですが全長の六割近くの213kmが別の名前で呼ばれていることをご存じでしたか。長野県を流れている部分は「千曲川」と呼ばれています。

それでは日本一低い山はどこでしょう。
この質問には「山とは何か」の定義が必要ですが、地表からどのくらい高ければ山といえるのでしょう。あいにく「山とは何か」の明確な定義はないようです。

地図計測上の重要度に応じて一等から四等までのランクをつけて国土地理院が設置する「三角点」というのがあります。
大阪湾にある天保山には二等三角点が設置されていて、国土地理院がここを最も低い標高である、つまり日本で一番低い山であると認定しています。その高さはわずか4.5mです。

三角点のランクを上げて一等三角点をもっている場所に限ると、これもやはり大阪の堺市にある蘇鉄山になります。こちらは標高6.8mです。

天保山も蘇鉄山も大阪湾の浚渫土を積み上げた人造の山だそうです。

どちらの山も過去に三角点が廃止されそうになったことがあるそうです。
三角点が無くなると行政的には「山」ではなくってしまうので、そのつど、近隣の住民が請願運動を起こして「日本一低い山」を守ってきたそうです。

「日本で一番高い山」というのはそれだけで分かりやすい定義ですが、「日本一低い山」を選ぶためには「三角点が設置されている場所」と定義して初めて選ぶことができたというわけです。

それでは日本一短い川はどこでしょう。
やはり「川とは何か」を定義する必要がありますが、考え始めるとこの定義も難しい。
山のケースと同じように行政が一つの答えを出してくれています。
川には一級河川、二級河川という「河川法」で分類した等級があります。大まかに言ってしまえば一級河川は国土交通大臣が管理する川、二級河川は都道府県知事が管理する川です。

2008年10月28日付け「紀伊民報」は和歌山県の那智勝浦町を流れる全長13.5mの「ぶつぶつ川」が新たに二級河川に指定され、それに伴って「日本一短い川」に認定されたと報じています。
それ以前は、北海道後志(しりべし)管内島牧村を流れる全長30mの二級河川「ホンベツ川」が日本で一番短い川だったそうです。
「ぶつぶつ川」に日本一の座を奪われるまで、「ホンベツ川」が日本一短い川だったことを知る地元の人は殆どいなかったそうです。

【参考資料】
「分類思考の世界 なぜヒトは万物を『種』に分けるのか」
三中信宏著、講談社 講談社現代新書 2014 2009年刊

タイトルの「ぬらくら」ですが、「ぬらりくらり」続けていこうと思いつけました。
ぬらくらは、ダイナフォント News Letter(ダイナコムウェア メールマガジン)にて連載中です。
いち早く最新コラムを読みたい方は、メールマガジン登録(Web会員登録)をお願いいたします。
メルマガ登録はこちら

  著者 Information

著者
ダイナコムウェア コンサルタント
mk88氏

PROFILE●1942年東京都生まれ。
1966年桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒。
設備機器メーカー、新聞社、広告会社を経て、
総合印刷会社にてDTP黎明期の多言語処理・印刷ワークフローの構築に参加。
1998年よりダイナコムウェア株式会社に勤務。
Web印刷サービス・デジタルドキュメント管理ツール・電子書籍用フォント開発・
フォントライセンスの営業・中国文字コード規格GB18030の国内普及窓口等を歴任。
現在はコンサルタントとして辣腕を振るう。
Blog:mk88の独り言

次 : ぬらくら 第8回 開きと起こし(2)   
前 : ぬらくら 第6回 最高と最短