小宮山博史「活字の玉手箱」
2018年10月25日

明朝体漢字活字の開発 連載第16回

小宮山博史

十日「けふでてうど三月になる。日本を出てから。」
 ヘボンと吟香が横浜を発ったのが1866年10月18日、旧暦では慶応2年9月10日ですので、ちょうど3ヵ月目になります。
 『横浜もののはじめ考』(横浜開港資料館、1989年)によると、鎖国による海外渡航禁止の政策を変更し、学科修行と商業のための渡航を許可したのは慶応2年4月9日でした。しかし旅券の書式や印鑑の作成にてまどりその見本が各国公使に提示されたのは慶応2年9月29日でしたので、吟香は正式な旅券ではなく仮免許を交付されて上海に渡航しました。『続通信全覧』には「米国商人セシヘボン雇小使上海行免許一件」が収録されており、8月末頃神奈川奉行の証書が発行されているとのことです。証書はヘボンと吟香が出発する直前に交付されたことがわかります。ここにある「ヘボン雇小使」が岸田吟香です。

ヘボンよりラウリー博士宛書簡 1868年12月7日(明治元年10月24日)
 「わたしは上海に来ております。理由は辞書の印刷のためです。十月十八日に横浜を出発しました。(略)印刷の仕事はゆっくりしております。ガンブル氏の印刷技師としての腕前と天分とがなかったら、全くできなかったでしょう。これまでのところではあらゆる障害を超えることができたのです。彼が最も美しい日本字の活字を銅製の母型に作り、一揃いの日本字の活字を鋳かためたのです。英語の大文字、アクセントのついている母音や、イタリックなどがないし、また上海でそれらを得ることができないので、ガンブル氏自ら母型を作って、必要なだけを鋳かためました。これだけお話ししたら、印刷がどれ程むずかしいものかがおわかりになるでしょう。このために一ヵ月以上を費やしたのです。わたしどもは着々と仕事を進めております。僅か活字をならべるだけに五人の植字工を使って、一日に八ページの印刷をしあげたいと思っております。やっと四十ページおわり、A・BとCの一部ができたわけです。この仕事がいつ完成するか、はっきりわかりませんが、おそらく六ヵ月では終わりますまい。(略)」
 この書簡には出発日と上海での印刷状況が書かれています。二人は1866年10月18日(慶応2年9月10日)横浜上海間に定期便の運行を開始していたペニンスラー&オリエンタル汽船会社(Peninsular and Oriental Steam Navigation Co. , P&O)の船に乗ったと思われますが、船名は残念ながらわかっていません。
 訳文の「鋳かためる」は鋳造のことです。辞書を組むために必要な日本字活字(カタカナ)・英語大文字、これはスモールキャピタル(SMALL CAPITAL、小文字 x の高さ程度で作られた大文字)、アクセント付きの母音、イタリックを1ヵ月以上を費やしてギャンブルが作ったことがわかります。『和英語林集成』に必要ないろいろの活字が整備されて印刷が開始されたのは、新暦11月末か12月はじめではないかと思われます。
 ヘボンは手紙の中で「やっと四十ページおわり、A・BとCの一部ができた」といっています。『和英語林集成』40頁は「チケムリ、血煙」ではじまり「チンズル、陳」で終ります。
「血煙」は「Vapor of blood(血の煙)」と直訳され、用例として「Chikemuri tatsz made tatakau」が載っています。この単語は第2版では削除されました。


明朝体漢字活字の開発連載第16回画像1
「チケムリ」などという物騒な単語が出てくるのは、幕末の攘夷の死闘が人々の生活に影を落としているからでしょう。ヘボンは人々への質問で日本語の語彙を蒐集したと望月洋子(もちづき・ようこ)さんは『ヘボンの生涯と日本語』(新潮選書、1987年)に次のように書いています。「日本に着いて彼が最初にノートした言葉は「アブナイ」だった。廃屋の前に立っていたヘボンに、職人らしい法被(はっぴ)姿の男が、アブナイと呼びかけてくれたのである。この一語がヘボンの心をなごませ、ひいては日本語との深い結びつきの端緒ともなったようだ」。

十一日「かへりて窓の外にいたる時ニ聞、東洋先生吃飯(トンヤン シエイサン キヨバアン)といふ聲を内にて是を見れバ厨人まさに雞蛋燬(キータア トヲン)と黄牙菜湯(ワンガ ツアイタヲン)と飯とを送り来たれり」
 この日記から吟香の宿舎は食事付きか、あるいは料理人を雇っていたようです。

十二日「てんきよし。さむい日なり。そとハさぞさむかんべェ。石炭を炉にたきつゞけにしてゐても別段あたゝかすぎもせず」
 宿舎の暖房は石炭ストーブですので、中国人の民家を借りたのではなく外国人の長期滞在者用アパートではないでしょうか。

十三日「今夜字書二百枚まで板に成て來る。規模奇謀なるといふ字の處までいくなり。しかし紙数は百張なり」
 『和英語林集成』の200頁目右の段(辞書は左右2段組み)下から5項目が「規模」、4項目が「奇謀」です。和英の部は558頁ありますので全体の4割弱が終ったことになります。

明朝体漢字活字の開発連載第16回画像2
 前記ヘボンの手紙の発信日「12月7日」は新暦で、旧暦では10月24日にあたります。吟香の日記は当然ですが旧暦で月日を書いています。旧暦10月24日の時点で辞書の印刷は40頁が終っていますので、200頁目の校正がでるまでに41日間を要したことになります。休日もありますので一日4頁半程度の印刷速度であったようです。

十四日「けさもさむし。雪がよほどきえた。けふゆにいく。ひげをそる。(略)あゝゆにはいつて心もちがいゝ。日本にゐれば日に二度ぐらいゆにはいりつけてゐるのに、月に二度ぐらいしかハはいらないからこゝろもちがわるくてこまる。あしたハそんでいだから小東門外へいて見よう」
 旧暦12月14日は新暦1月19日の土曜日です。吟香は浴池(湯屋)に行きます。江戸にいたころは日に二度くらい風呂に入っていたようです。「そんでい」はサンデーで日曜日。

十八日「二階で窓から見える處の圖をかいて見る。これハけふひるの事也」
二十日「○二階から見える處の圖ができあがある。へぼんのかみさんがくれろといふけれども、骨を折てかいたのだからやらない(略)扨て九月の十五日の朝、この申江に着・船しておちつくと……」
 吟香は2階建ての家の2階が宿舎のようです。この記述からヘボン夫妻も同じ建物に住んでいるように読めます。「やらない」という言い方がおもしろい。
 日記からヘボンと吟香は新暦10月18日(旧暦9月10日)横浜を出航、上海到着は旧暦9月15日(新暦10月23日)であることがわかります。申江は上海のことで、文人の多くが上海を「申」あるいは「申江」と書いたようです。横浜上海間の航海には5日を要したことになります。

二十九日「けふハぞんたくだけれどもあめがふるからどこへもいかず、竹でもかいてあそぼうかとおもふ○へぼんのへやへいて、いろいろはなしをする。郝文(引用者註―ヘボン)曰、埃及國(引用者註―エジプト)のむかしの字は支那のむかしの字とおなじとおもひます。支那の字、むかしハ月日山川草木鳥などそのかたちににせて作ッたものらしい。いじプトの字も、とりけもの、山川なんでもそのかたちをにせて作ッた字で、石などにはりつけたるが、今にたくさんのこりてある。ふらんす、いぎりす、ぜるまにあ諸國にふるい事をこのむ學・者がおほくありて、よくせんさくしてその字をよくよむ人たくさんあります。またいじプト古蹟にて世に名だかいいし塚あり。ちかごろ支那字でこしらへた地球説略にも圖がでてゐる(略)○ひるめしの時厨人が雌雞(カシハ)をやきとりにしてもてきてくれる。丸やきにて至てよいあんばいなり。うまいうまい。けさ、にはとりを二羽ころしてゐるから、一羽くれゝばよいとおもふたが、誠にねがツたりなり」
 「ぞんたく」はオランダ語の Zondag で日曜、休日のことです。この日は新暦1867年2月3日の日曜日にあたります。ヘボンは部屋で中国の文字とエジプトの文字はともに象形文字であると吟香に話しています。エジプトの象形文字はヒエログリフです。中国語に翻訳されて出版された『地球説略』に「世に名だかいいし塚」が図示されているとヘボンがいう「いし塚」はピラミッドのことで、寧波の華花聖経書房が1856年に刊行した『地球説畧』の76丁目裏に「石塚」の図が載っています。図の上は寧波版、下は江戸版。江戸版では返り点、傍点、読みガナをつけていることがわかります。漢字の右に二重線が引いてあるのは固有名詞で、「介爾阿」に「カイロ」、「亞拉散得」に「アレキサンドリー」と読み仮名を振っています。
 華花聖経書房は寧波で印刷活動をしていた長老会印刷所で、上海に移転して美華書館と改称しました。

明朝体漢字活字の開発連載第16回画像3
明朝体漢字活字の開発連載第16回画像3
 吟香は翌年の3月13日の日記に「ほんをよみよみねたもんだからあたまのうへに地球説界が乗てゐる」と書いています。『地球説界』は『地球説畧』の誤記だと思われます。『地球説畧』は1860(万延元)年に箕作阮甫(みつくり・げんぽ)がキリスト教に関する記述を削除し、訓点をほどこしたうえで3巻本として江戸で覆刻出版されたことは、連載第13回に書きました。
 吟香はヘボンの話を興味深く聞き、そして部屋に帰って「いそがしくもなんともないやとしのくれ」と戯れ句を詠みます。
「へぼんのへやへいて」という記述から、ヘボン夫妻と吟香は同じ建物のなかに住んでいるのではないかと思われます。

大三十日(新暦1868年1月24日)「厨人が猪肉、鶏肉、魚、青笋、豆腐皮、黄芽菜など調理して、酒をそへてもてくる。たらふくのみくひして、またこゝにかきつける」
 この日は大晦日でごちそうを料理人が作って持ってきました。日記では11日と前日29日に料理人が持ってきてくれたことを記しています。

 

連載第17回へ続く

注- 本連載に使用した収蔵先の記載のない図版は、すべて横浜開港資料館収蔵本による〉

 
小宮山博史イラスト

illustration: Mori Eijiro

● 小宮山博史
国学院大学文学部卒業後、佐藤タイポグラフィ研究所に入所。佐藤敬之輔の助手として書体史、書体デザインの基礎を学ぶ。佐藤没後、同研究所を引き継ぎ書体デザイン・活字書体史研究・レタリングデザイン教育を三つの柱として活躍。書体設計ではリョービ印刷機販売の写植書体、文字フォント開発・普及センターの平成明朝体、中華民国国立自然科学博物館中国科学庁の表示用特太平体明朝体、大日本スクリーン製造の「日本の活字書体名作精選」、韓国のサムスン電子フォントプロジェクトなどがある。武蔵野美術大学、桑沢デザイン研究所で教鞭をとり、現在は阿佐ヶ谷美術専門学校の非常勤講師。印刷史研究会会員。佐藤タイポグラフィ研究所代表。著書に《本と活字の歴史事典》、《明朝体活字字形一覧》、《日本語活字ものがたり─草創期の人と書体》などがある。
小宮山博史「活字の玉手箱」 記事一覧
連載にあたって
第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら
第4回はこちら

第5回はこちら
第6回はこちら
第7回はこちら
第8回はこちら
第9回はこちら
第10回はこちら
第11回はこちら
第12回はこちら
第13回はこちら
第14回はこちら
第15回はこちら
 

次 : 明朝体漢字活字の開発 連載第22回   
前 : 明朝体漢字活字の開発 連載第20回