ダイナフォントストーリー
2018年09月27日

甲金文体異体字の頂点が遂に決定!「甲金文体異体字総選挙」結果発表!!

甲金文体総選挙
 
「ダイナフォント甲金文体異体字総選挙(以下総選挙)」へご参加いただいた皆様、ご投票、誠にありがとうございました。
2018年7月25日(水)から8月19日(日)まで開催された総選挙では、普段、ダイナフォントをご使用いただいているユーザーの皆様を含む日本全国のフォント(書体)好きの方から、歴史に浪漫を馳せる方、今回の総選挙を通じて古代文字に興味を持っていただいた方まで、実に多くの方にご投票いただけました。 そこで今回のダイナフォントストーリーでは、総選挙36文字のランキング結果全てを発表させていただきます!
選抜36文字の№1を決める「甲金文体異体字総選挙」
甲金文体総選挙画像
「甲金文体異体字総選挙」は、2018年7月25日(水)から8月19日(日)までの期間中に特設アンケートサイトにて甲金文体異体字208文字の中で選抜された36文字が順位を競う形で実施されました。参加者の皆様には36文字から3つの推し文字を選んで投票いただきました。
「甲金文体異体字総選挙」36文字人気ランキング
甲金文体総選挙結果発表!イメージ画像
推し文字第1位 魚:さかな
魚の象形がベースのデザインです。古代では魚は水深く住むもので霊物とされていました。今回、出世魚と呼ぶべき1位を獲得した魚ですが、魚自身、その人気に「ギョッ!」と驚いているのかも。
推し文字第2位 亀:かめ
亀の象形がベースのデザインです。おとぎ話ではウサギとのレースに勝った亀ですが、今回は惜しくも魚に競り負けてしまいました。
推し文字第3位 星:ほし
星のもとの字は「
」で、日の部分が星を現し、三つの星はたくさんの星を現しています。大健闘の第3位は甲金文体にニュースターが誕生した瞬間でしょう。
推し文字第4位 雷:かみなり
古代では雷鳴を神様が戦車に乗って出発する音が連想されており、この雷は、左右に円形の模様が描かれた戦車の車輪をイメージしてデザインされた文字です。
推し文字第5位 鹿:しか
角のある牡鹿が由来の象形文字がベースです。目力あふれる熱い視線を感じられるこの異体字を思わず投票してしまっても仕方ないですね。
推し文字第6位 山:やま
高い山々が連なっている形の象形がベースのデザインです。中国の山は連なっている形が多いようです。山だけに聳え立つような人気をキープしました。
推し文字第7位 虫:むし
虫の文字はもとは蛇などの爬虫類を意味しており、蟲という文字が小さな「虫」を意味していました。今回、虫は無視できない人気を獲得したようです。
推し文字第8位 宝:たから
宝のもとの字は寳となります。屋根の中に宝石や子安貝や缶をお供えしている形が由来です。宝にとっては貴重な順位となったのでしょうか。
推し文字第9位 象:ぞう
横向きの象の象形がベースのデザインです。中国・殷の時代では象を土木工事などに利用していました。
推し文字第10位 歯:は
歯のもとの字は齒となります。口と歯が並んだ象形がベースのデザインです。「ハハハ」と笑いたくなる人気かどうかは果たして…。
推し文字第11位 燕:つばめ
飛翔する燕の姿の象形がベースのデザインです。次回の人気投票があれば、更に大きく順位を飛翔させていきたいところです。
推し文字第12位 天:てん
手足を広げた人間を正面から見た形の象形がベースのデザインです。天という文字が人の体の一番上にある頭を意味する事が由来です。天にとって今回は天まで届く順位とはいきませんでした。
推し文字第13位 甲:かぶと
尾をひいた亀の甲羅を象った象形がベースのデザインです。亀の人気のスピードに甲羅はついていけなかった模様です。
推し文字同率第14位 虎:とら
虎を象った象形がベースのデザインです。雄々しき虎は、次回があれば、もっと人気を取らないといけませんね。
推し文字同率第14位 鳥:とり
鳥の象形がベースのデザインです。鳥は古代では神霊の化身と考えられていたようです。今回、鳥は人気取りに苦戦したのかもしれません。
推し文字第16位 鼎:かなえ
古代中国で使われた、三本足の鉄の釜が由来の象形がベースのデサインです。今回、鼎は一位という願いを叶える事が叶いませんでした。
推し文字第17位 雨:あめ
雲の中から雨が降る形の象形がベースのデザインです。あまり順位が振るわなかったため、雨の心に土砂降りの雨が降ってしまったかもしれません。
推し文字第18位 食べる:たべる
食器として使用される皀にふたをした形の象形がベースのデザインです。食べるにとってはショックな順位だったのでしょうか。
推し文字第19位 黒:くろ
上部は袋の中に者がある形で、下部は炎の象形の組み合わせのデザインです。下から火を加え、袋の中のモノを焦がして黒くすることで文字が生まれました。
推し文字第20位 母:はは
胸に乳房のある女性の形の象形がベースのデザインです。母の心は海のように広いと言いますのでこの順位も大きな心で受け入れた事でしょう。
推し文字第21位 心:こころ
心臓の形の象形文字がベースのデザインです。古代では心臓が生命の源であり、物事を考える場所だと信じられており、心臓の意味から「こころ」の意味になったようです。
推し文字第22位 貝:かい
子安貝の象形をベースにしたデザインです。南方の海でとれる子安貝は内陸部の殷・周王朝地域の人々にとって貴重品で古くはお金として使用されていました。
推し文字第23位 曲がる:まがる
竹や蔓などを細かく編んで作った籠の象形がベースのデザインです。籠を作る際に竹や蔓などを曲げて作ったのが由来の文字ですが、この順位には思わずへそを曲げたかも。
推し文字同率第24位 家:いえ
「孕」の文字には古代では妊婦の意味がありました。大きなお腹に人の形を取り入れ、中央部分に小さな子供が描かれたデザインになっています。
推し文字同率第24位  孕む:はらむ
屋根がある家の中に「豚」が描かれたデザインです。その昔、家の中で豚を飼う習慣があり、繁殖により頭数が増えることがその家の繁栄を現しました。
推し文字第26位 包む:つつむ
胎児が胎嚢に包まれている状態の象形がベースのデザインです。包むは今回、その他の異体字達の人気の大きさに包まれてしまったのかもしれません。
推し文字第27位 狗:いぬ
たくましい猟犬の象形がベースのデザインです。古代では王の墓に愛犬は金銀の飾りをつけて一緒に埋葬されていた事もあったそうです。
推し文字同率第28位 電:でん
雷の異体字の車輪がない状態のデザインです。今回、電のドンデン返しは残念ながら、てんで起こりませんでした。
推し文字同率第28位 手:て
手首から先の5本の指を開いた手の形の象形文字がベースのデザインです。悲しいかな、ランキング上位をこの手に掴むことができなかった模様です。
推し文字同率第28位 衣:ころも
襟元を合わせた衣の形の象形文字がベースです。衣にとってこの順位は襟元を正して出直したい結果となってしまいました。
推し文字第31位 行く:いく
十字路の象形をベースにしたデザインです。十字路という象形から「行く」という意味が生まれました。人気の分かれ道で岐路に立った行くです。
推し文字第32位 雹:ひょう
雲の中から雹が降る形の象形文字がベースのデザインです。雨にも大きく負けた雹の心は、雨から雹、そして雪へと変わっていった事でしょう。
推し文字第33位 半:はん
二つに分かれているものと角のある牛の象形が合わさり、牛のように大きなものを「二つに分ける、半分」を意味する「半」が生まれました。
推し文字同率第34位 皿:さら
浅く平たい皿の形の象形をベースにしたデザインです。皿にとってはサラッと受け流したい順位になったかも…。
推し文字同率第34位 酉:とり
酒を入れる器の象形をベースにしたデザインです。この結果は酉にとっては、やけ酒モノですかね。
推し文字第36位 豚:ぶた
豚の象形をベースにしたデザインです。今回、豚は残念ながらぶった切りの最下位になってしまいました。
象形文字に関する参考資料:白川静博士の漢字の世界へ-小学校学習漢字解説本(編集・発行 福井県教育委員会)
 
「甲金文体異体字総選挙」の有権者からのコメントを甲金文体Bで発表
「甲金文体異体字総選挙」の有権者からのコメントを甲金文体Bで発表
任意で入力いただいた総選挙へのアンケートのコメントの中から印象的なコメントを抜粋してみました。総選挙と同時に実施させていただいた甲金文体オリジナルグッズプレゼントに関しても「製品化して欲しい!」などの嬉しい声もいただけ、大変ありがたく思っています。皆様、今回の総選挙へのご参加、本当にありがとうございました!

甲金文体異体字「魚」
甲金文体
カテゴリー:毛筆系書体
書体の太さ:W6
甲金文体は千年前の古代文字の姿を再現しつつ、現代でもそのまま使えるようにデザインされた書体です。漢字のデザインを日本語のかな、欧文、数字、符号、記号などに応用することで、現代においても各種印刷物やデジタルデバイスに活用いただけるようなデザインで開発されています。
金剛黒体 書体見本

甲金文体グッドデザイン賞受賞
古代文字の美しさを再現した甲金文体が国際的デザイン賞であるグッドデザイン賞を受賞
「2018年度グッドデザイン賞」において数々の応募作品の中からダイナフォント2018年新書体「甲金文体」が受賞いたしました。
難解な先秦時代の古代文字を識別しやすいようにリファインすることで、デジタルフォントにおいても脈々と続く文字文化の素晴らしさが取り入れられている点で高い評価を受けました。

甲金文体グッドデザイン賞受賞に関する詳細はこちら

甲金文体A はこちら / 甲金文体B はこちら
※甲金文体はダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart」シリーズに収録されています。DynaSmartシリーズの詳細はこちら

   More Information

次 : 「テロップ書体」開発秘話   
前 : 『#コンパス』の世界観を陰で支えるダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」