映像作品・動画での採用事例
2018年03月23日

真白の恋

DynaSmart V / DynaFontクラフト童採用事例

真白の恋
「真白の恋」
映画配給:エレファントハウス
DVD販売:VAP

©sagan pictures
 
ダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」がエレファントハウス配給、 sagan pictures制作により、2017年2月2月から全国で順次公開となった邦画作品 「真白の恋」で採用されました。この作品では、タイトルロゴのフォントとし て「ダイナフォント クラフト童」を使用していただいています。「真白の恋」 は2017年11月8日にはDVD版とBlu-ray/ブルーレイ版も発売されています。

作品名:真白の恋
“日本のベニス”と呼ばれるほど美しい景観を誇る、富山県射水市。この港町を舞台 に、軽度の知的障がいのある主人公・真白(ましろ)の初恋を描いた作品。
配給:エレファントハウス
制作プロダクション:sagan pictures
監督 - 坂本欣弘
原作・脚本 - 北川亜矢子
出演:佐藤みゆき、岩井堂聖子、長谷川初範、福地祐介ほか
公式HP:http://mashironokoi.com
「真白の恋」ロゴ使用書体:クラフト童
「真白の恋」ロゴ使用書体:クラフト童
ルビ部分には「ダイナフォント 行書体」を使用。
行書体 Win版はこちら / 行書体 Mac版はこちら
「真白の恋」のロゴに「クラフト童」を選んだ理由を教えてください。
やわらかな印象の書体が映画の雰囲気とマッチしていたため採用させていただきました。

「クラフト童」を使う際に注意した点、工夫した点がありましたら教えてください。
デザイン性の高い書体であり、ロゴにした際に加工しなくても十分に映画の雰囲気を伝えられると判断してそのまま使用させていただきました。

クラフト童 Win版はこちら / クラフト童 Mac版はこちら

クラフト童「映」
クラフト童
カテゴリー:その他
書体の太さ:W3
水彩筆で描かれたような筆遣いで、起筆から終筆まで自由で天真爛漫なイメージを感じさせる書体です。繊細なストロークは、子供向けのハガキや絵本、書籍などのデザイン性が高いサブタイトルや文章に適しています。
クラフト童 書体見本

株式会社 エレファントハウスロゴ
株式会社 エレファントハウス
会社設立:2013年10月
所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門 3丁目
URL:http://zounoie.com
映像作品の配給・製作を中心に、優良なエンターテイメントコンテンツの提供を通じて、より多くの方々に喜びや楽しみをお届けできるよう幅広い業務を積極的に推進しています。

   More Information