ダイナフォントストーリー
2015年09月03日

DynaSmart 教育機関向けプランで学生のアイデアの幅を広げる

Creative Tools For Students

新書体を含むさまざまなダイナフォントを使うことができるダイナコムウェアの年間ライセンス製品「DynaSmartシリーズ」。今回はそのバラエティ豊かな書体を「海士智也ゼミナール」の丸森小葵さんと西澤夏美さんがそれぞれの制作物に試用した。

カイシ ふたりに試してもらったダイナコムウェアの「DynaSmart」、どうでしたか

丸森 私は大学の演劇サークルとか、テキスタイルのファッションショーのフライヤーやポスターに使ってみました。主にタイトル部分ですね。タイポグラフィで魅力的に見せるデザインにしたかったので。

西澤 私は趣味で描いている漫画やイラストに使ってみました。個性的な書体がたくさんあったので、キャラクターのセリフなどにしてみたいなと思って。

カイシ 僕なんかはダイナフォントと言えば、まず「綜藝体」のようなガッチリした書体を思い浮かべるんだけど、最近はいい意味でゆるい書体も増えてきているよね。今の時代のニーズにマッチしている書体が多い。あと、手描きのような書体のバリエーションが多いのにも驚いたな。

西澤 かわいい書体も多いですよね。どう使っていいのか迷うこともあるけど。

丸森 文字の一部にパンダの絵があしらわれている丸ゴシック系の「パンダ体」とか、すごくかわいかった。

カイシ あまり他社のラインアップにない書体を投入してくるところがダイナフォントのいいところだよね。

【イメージに合う書体を見つける】

カイシ 今回は実際にどの書体を使ってみた?

西澤 私は漫画のひらがなのセリフ部分に「DF太丸ゴシック体」を使いました。

丸森 私は、昔のコンピュータ画面に表示されるようなビットマップ書体の「DF点々体ゴシック16- 縦縞」や、グラデーションがかかってるように見える「DF極太丸ゴシック階調A」などですね。フライヤーのタイトルに使っています。

カイシ 書体を使うときは、どういう基準で選んでいるの?

西澤 本文に使う書体は、やはり読みやすさを重視します。タイトルなどの場合は、目指している雰囲気を伝えられるようなものですね。そういうときは個性的な書体を選ぶこともありますが、ベーシックなものを加工して使うことも多い気がします。

丸森 私はグラフィック表現がほとんどなので、書体から受けるインパクトを意識することが多いです。全体の雰囲気がガラッと変わってきますから。でも、一番気に入った書体があったからといって、それにデザインを合わせるようなことはしません。

西澤 最初に伝えたいことがあって、それに合う書体を選んでいく感じだよね。

丸森 そうそう。デザインに合う書体が見つかるまで探し続けるかな。フリーフォントも結構見ますね。

西澤 なければ自分で加工して作っちゃうこともあります。

カイシ 何を伝えたいかを明確にして、書体にデザインが引きずられないようにするのは大切なことだね。

丸森 もちろん、気に入った書体は、いつか使ってみたいと気に留めておくようにはします。今回試した中では、「DFロマン輝」などのロマン風書体も気になっています。

カイシ “ベルばら”のような華やかな世界観を表現するのに使えそうだよね。同じロマン風書体の「優雅宋」も個性的。とくに従属欧文(和文書体に含まれるアルファベット文字)がスタンダードなのにちょっとクセがあって、使ってみたら面白そう。そういう「書体を見つける楽しさ」もDynaSmartの魅力と言えるね。

【基本書体から個性的な書体までそろう】

カイシ ダイナフォントには、「平成明朝体」や「平成ゴシック体」のような基本書体も用意されているよね。特に太いウェイトが充実しているのが魅力的。「DynaSmart」のような年間ライセンス製品を導入する側からすると、こういう本文組みなどにも安心して使える書体があるのはうれしい。

西澤 さっきのパンダ体のような個性的な書体も面白いですけどね(笑)

カイシ 今後もダイナフォントを利用するとしたら、どんなものに使ってみたい?

丸森 商品パッケージに使ってみたいですね。ダイナフォントは個性的だけど親しみやすい書体が多いから、おみやげのデザインとかハマるものがありそう。

西澤 私も食品とか入浴剤のパッケージなどに使ってみたい。

丸森 あとはやっぱりフライヤーやポスターなどですね。

カイシ 書体を選ぶ時に迷ったときはどうしてる? やっぱり試し打ちとかしてみるのかな。

西澤 パソコンの画面いっぱいに文字を打ち込んで、いろんな書体を適用して、その中から選んでいきますね。だからパソコンの中には結構たくさん書体を入れています。

丸森 私も50書体くらいは入れているかな。

カイシ 実際に試してみるのは大切だね。書体見本は一部の文字しか分からないから。使ってみると「こんなにかっこよかったのか」と驚く書体も結構あるし、使い方によってイメージが変わる書体もある。例えばPOP 系書体を使ってエッジのあるデザインにすることもできるし、伝統ある毛筆系書体「古印体」を使ってホラーっぽい雰囲気を出すこともできる。

西澤 ダイナフォントには、そのものズバリの「ホラー体」もありますよね。

カイシ 本当だ!(笑) 学生のうちは、こういった有償のフォントにたくさん触れて目を養ってほしい。フリーフォントにも個性的でいいものはあるけど、有償のものはもっといいものがたくさんあるから。その意味で、豊富なフォントラインアップを好きなだけ使えるフォントライセンス製品は大きな意義があると思うよ。

デザイン学科グラフィックデザイン専攻領域4年の丸森小葵さん(左)と西澤夏美さん(右)
今回話を聞いたデザイン学科グラフィックデザイン専攻領域4年の丸森小葵さん(左)と西澤夏美さん(右)

ロマン輝
ロマン輝
個性的なフォントたち
今回の話で挙った「DF ロマン輝A」(上)と、「DF P古印体」(下)。テイストが全く異なるものなど幅広いフォントが用意されているので、選ぶのも楽しい

極太丸ゴシック階調A
丸森さんが作成したフライヤーは、グラデーションがかかっているように見える「DF 極太丸ゴシック階調A」をタイトルに使用。)

太丸ゴシック体
西澤さんは漫画のセリフ部分に「DF 太丸ゴシック体」を使い、ふんわりした雰囲気を表現した
月刊「MdN」2014年11月号より転載

  More Information

次 : Designer meets DynaFont   
前 : 実例付きフォント字典 楷書体