DynaFont採用事例
2018年01月19日

全国障害者技能競技大会(アビリンピック)のDTP競技でダイナフォントが採用

第37回全国障害者技能競技大会

第37回全国障害者技能競技大会
栃木県と独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構主催による「第37回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」が平成29年11月17日(金)から19日(日)までの3日間、栃木県宇都宮市で開催されました。
全国障害者技能競技大会(アビリンピック)は、障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに企業や一般の人々の障害者への理解と認識を深め、雇用を促進することなどを目的として昭和47年から国際大会開催年を除き毎年開催されています。
ダイナコムウェア株式会社はこれまで10年以上に渡り、全国障害者技能競技大会(アビリンピック)へ協賛させていただいており、2017年も技能競技実施機器等協賛企業としてDTP競技にてダイナフォントを使用していただきました。

第37回全国障害者技能競技大会 概要
第37回全国障害者技能競技大会02
大会サイト
大会サイトへのリンクはこちら
日程
平成29年11月17日(金)~11月19日(日)
参加者
15歳以上の障害者
主催
栃木県、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
大会来場者数
約46,000人(併催イベントへの来場者数を含む)

第37回全国障害者技能競技大会「DTP競技」の使用フォントとしてダイナフォントが採用
DTP競技で使用するフォントとして、ダイナコムウェア株式会社が展開するフォント「ダイナフォントシリーズ」が採用されています。
第37回全国障害者技能競技大会では「栃木県の自然」フォトコンテスト作品募集目的とするポスター広告物の制作が競技課題になりました。
参加者19名、競技時間3時間による競技が宇都宮市体育館(ブレックスアリーナ宇都宮)で行われました。
DTPとはDeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略称であり、卓上出版を意味します。
パーソナルコンピュータ上で行う書籍やポスターなどの編集に際して行われる割り付けなどの作業を表しプリンターにて出力を行います。
第37回全国障害者技能競技大会「DTP競技」の使用フォントとしてダイナフォントが採用会
 
第37回全国障害者技能競技大会金賞:柴田紘志氏(山口県)作品
▲第37回全国障害者技能競技大会金賞および厚生労働大臣賞受賞作品:柴田紘志氏
第37回全国障害者技能競技大会入賞者
金賞:柴田紘志氏(山口県)

有限会社リベルタス興産

銀賞:海藤航貴氏(山形県)
社会福祉法人山形県コロニー協会 山形福祉工場

銅賞:岩脇正高氏(兵庫県)
株式会社JR西日本あいウィル

 

第37回全国障害者技能競技大会 その他の競技 競技風景
第37回全国障害者技能競技大会 その他の競技 競技風景
第37回全国障害者技能競技大会ではDTP競技以外に職業技能競技として洋裁、家具、機械CAD、建築CAD、電子機器組立、フラワーアレジメント、歯科技工、喫茶サービス、裁縫、木工など全22種目365名が参加しました。
またデモンストレーションとして行われたクリーニング、製パン加工、ベッドメイキングの全3種目には28名が参加しました。

第38回全国障害者技能競技大会について
第38回全国障害者技能競技大会について
大会サイト
日程
平成30年11月2日(金)~11月5日(月)
参加者
15歳以上の障害者
主催
沖縄県、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構ロゴ
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
所在地:〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
URL:http://www.jeed.or.jp
高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、高齢者の雇用の確保、障害者の職業的自立の推進、求職者その他労働者の職業能力の開発及び向上のために、高齢者、障害者、求職者、事業主等の方々に対して総合的な支援を行っています。

次 : 別府八湯温泉本2017-2018年版   
前 : ねこの約束