ダイナフォントストーリー
2015年09月03日

タイトルロゴにDynaFontを使う理由

デザイナーの團 夢見さんに聞く

アニメのロゴやコミックスやライトノベルの装丁など、幅広いジャンルのデザインを手がける團 夢見さん。世界観を表現するためにさまざまな書体を活用するという團さんに、DynaFontの魅力やその使いやすさについて話を伺った。

ジャンルや媒体を問わず、さまざまな作品のデザインを手がける團さんが作品タイトルのロゴを制作する際に重視しているのが「ひと目見て内容がイメージできること」だという。「ロゴは新しく作り起こすこともありますが、既存のフォントをアレンジして作る場合も多いです。作品の雰囲気によって合う書体も変わってくるので、選択肢を増やす意味でもフォントをそろえておくことは大切ですね」

現在、團さんが作品づくりに活かしているというDynaFontのパッケージ製品も、豊富なラインアップが気に入り、店頭で半ば衝動的に購入したものだそうだ。これを利用して制作されたタイトルロゴの例として團さんが挙げてくれたのは『ファウストなう』と、『魔界王子』だ。両作品では「DFP 超極太丸ゴシック体」、「DFP極太明朝体」が使用されており、このような「太めの書体のバリエーションが多いところ」も使いやすいポイントだという。

オーソドックスな基本書体や個性的なアートフォントをひとつのパッケージとしてまとめた「DynaFont TypeMuseum シリーズ」は、ロゴ制作をはじめとした表現の幅を広げたいデザイナーには注目のアイテムと言えるだろう。

ファウストなうロゴ
『ファウストなう』のタイトルロゴ
DFP超極太丸ゴシック体」の文字をランダムに配置してタイトル文字に動きを表現。ポップでかわいらしい雰囲気を出すため、交互に文字の色を変え、濃い色の方にドット柄でアクセントをつけている

ファウストなうロゴ
『魔界王子』のタイトルロゴ
学園を舞台にしたゴシックファンタジーマンガのタイトルロゴ。「DFP極太明朝体」に西洋的な世界観のひげや飾りを施した。英文の部分はフリーフォントの「Old English」を使用
團 夢見さん
写真は團 夢見さん

ファウストなう
「ファウストなう(このライトノベルがすごい!文庫)/
著者 飛山裕一/イラスト HRD」
2012/宝島社

魔界王子/高殿 円
「魔界王子/高殿 円」 2013/一迅社
月刊「MdN」2013年12月号より転載

  More Information

次 : 実例付きフォント字典 毛筆系書体   
前 : DynaFontで広がるタイトルデザイン表現