ダイナフォントストーリー
2015年09月01日

さまざまなキャラクターを彩る多彩なフォント その1

作品の世界観を伝えるフォント

株式会社WANNABIES 星野いづみ

『晴れのちシンデレラ』は、幼い時貧乏だった故に、お嬢様学校に通いつつも周囲とは違った行動をとってしまう主人公を描いた4コママンガだ。

使用されているのは「DFPロマン雪」。「DFPロマン雪」と「輝」をベースに提出した4案から、著者・編集者の意見をもとに1案に絞り、さらにブラッシュアップしたものが採用された。最初の打ち合わせで地が白になることは決まっていたため、「キャラクターのかわいらしさを邪魔しないよう、文字周りはフォントの表情を活かして極力シンプルに」なるよう心がけたという。

また、ロゴのカラーは、「女の子らしさと華やかさが出るように」蛍光ピンクを使用している。採用となったロマン雪を選んだのは、「濁点やカタカナ部分の菱形が、主人公の女の子が憧れている『キラキラしたお嬢様』のエレガントなイメージを表していること」「はらい部分の鋭角が主人公が本来持っている野生の部分をほんの少し覗かせてくれる」と考えたためだという。

もう1冊の『色素薄子さん』は、何事にも一生懸命で、優しく思いやりがあるけれど、とにかく存在感の薄い大学生の主人公・色素薄子さんを描いたコミックスだ。デザインにあたっては著者とも直接打ち合わせを行い、キャラクターや世界観を十分に知ってからデザインに取り組めたという本作。モリサワなどのフォントを使った5案から詰めていき、最終的には「DFPナーティ」を使用した現在の形になった。星野氏自身も、「主人公の印象が、ナーティの繊細さと、手書き書体を思わせる素朴なかわいらしさにぴったりとはまった」と感じ、著者にも喜んでもらえたという。

また、ロゴのカラーは主人公の髪の色に合わせて淡い紫色を採用。各巻共通してパステルカラーにすることで、メインイラストの「柔らかな手触り感、静かな佇まい」に、さらに軽やかさを加えている。

作品の世界観やキャラクターのイメージを伝えるために、表情豊かなフォントがその一翼を担っている2作品である。



『晴れのちシンデレラ』
『晴れのちシンデレラ』
(C)GAKU MIYANARI / TAKESHOBO


『色素薄子さん』
『色素薄子さん』
(C)水月とーこ/一迅社2009

  More Information

次 : さまざまなキャラクターを彩る多彩なフォント その2   
前 : 実例付きフォント字典 毛筆系書体