DynaFont採用事例
2017年05月26日

JAGDA Map

DynaFontシリーズ採用事例

公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
JAGDA Map 2017年3-4月号表面より:華康ゴシック体採用
JAGDA Map 2017年3-4月号表面より:華康ゴシック体採用

JAGDA Map 2017年3-4月号裏面より:JAGDA Map娥眉明朝体採用
JAGDA Map 2017年3-4月号裏面より:JAGDA Map娥眉明朝体採用
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が定期的に発行するニュースレター「JAGDA Map」の2016年5-6月号から2017年3-4月号までの表面テキストに「ダイナフォント 華康ゴシック体」が採用されました。またその期間の裏面テキストには毎回異なるダイナフォントが採用されており、2017年3-4月号では「ダイナフォント 娥眉明朝体」が採用となりました。
「JAGDA Map」は、2ヶ月に一度、日本グラフィックデザイナー協会会員向けに発行される会報紙で、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)からのお知らせや開催されるイベ ント・展覧会などの詳細が掲載されています。

華康ゴシック体「図」
華康ゴシック体
カテゴリー:基本書体
書体の太さ:W2/W3/W5
プロユース向けにデザインされた視認性・可読性の高いゴシック体です。平成ゴシック体に比べて、ストロークとストロークの間を幅広に設計しており、緊密化していない字形構造のため、スマートでシャープな印象を与えます。
華康ゴシック体 書体見本

娥眉明朝体「図」
娥眉明朝体
カテゴリー:基本書体
書体の太さ:W3/W5/W7
明朝体をベースに開発された書体であり、細長く弧を描いた眉の形をイメージしたストロークから洗練された女性の柔らかさや優しさを表現した明朝体です。女性用品などのロゴやキャッチコピーにオススメの書体です。
娥眉明朝体 書体見本

公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA) ロゴ
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
設立:1978年4月
所在地:〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
URL:https://www.jagda.or.jp
年鑑やデザイン教科書の発行、展覧会などの開催、地域振興や公共デザインの取り組み、デザイナーの権利の保護といった多岐にわたる活動を全国的に行っている日本を代表するグラフィックデザイナーの協会です。

   More Information

次 : 紅芋スイートポテト   
前 : 白うさぎの宝石箱 / 二十世紀梨&コラーゲン