メイキングストーリー
2016年06月24日

待ちきれない休日 / まるもじ体

1300x400

【はじめに】

制作チームのまるもじ体に対する第一印象は「青春」でした。
フォントのラインはまるであどけない少女のようで、ハツラツとした可愛らしさの中に生命力を感じさせ、何物も恐れない青春の姿を表現しています。

【デザインの発想】

夏が来る度に、また青春が始まる。
-まるもじ体

 
青春のまっただ中、だからこそ思いっきり遊んで楽しまなくっちゃ勿体ない!
青春を謳歌している女の子はまるで無限のエネルギーに満ちあふれているようで、特に夏になると、さらに思いっきり遊べる時期となり、そのエネルギーが存分に発揮されていきます。照りつける太陽、爽やかなスイカはもちろん、友達と一緒に行く水遊びも欠かせません。色とりどりで鮮やかな色彩の中で可愛い女の子がスイカを一口かじっているところに、ボールが転がってくる。それはまるで「さあ、一緒に遊ぼう!」と誘っているかのようです。

女の子がボールを拾い、呼びかけに応えて走っていく。その待ちきれない足跡から、思いっきり青春を謳歌する彼女たちを想像できます。きっと忘れられない夏の思い出になるでしょう!

 

1300x400

↑手書きのデザイン
 

【撮影】

青春らしさを最大限に表現するため、砂浜、スイカ、思いっきり遊ぶという夏の三大要素を画面デザインのポイントに設定しました。
さらに、脚本内の青春のダイナミックさを完璧に描き出し、且つ画面のなめらかさとリズム感を考慮するために、制作チームはダイナミックさをポイントとして定め、最後にサンダル、足跡、食べかけのスイカを残すことで、女の子がスイカを食べ終わらずに急いで海へと走っていくワクワクした心を表現しました。

結末は未完成のように見えますが、そのあとを想像してもらうことで、物語が完成するようになっています。

 

1300x400

【制作秘話】

「わぁ、本物の砂だ!」現場に到着すると、多くの人がびっくりして思わず声を上げたということがありました。実は夏の砂浜をリアルに再現するため、特別に現場に砂を運んで砂丘を作り、さらにほうきで砂をならして繊細でなだらかな砂浜の雰囲気を演出しました。

アイテム選びでは様々なカラーコーディネートを試し、ビーチタオル、ビーチボールだけでも3種類用意しました。スイートでカラフルな色の組み合わせで青春満開な休日の雰囲気を表現し、スイカを食べる女の子を演じたモデルは、それ以上に爽やかでキュートでした。

撮影の順序は最後のワンシーンから巻き戻す形で行われました。まず砂浜の上の足跡から始まり、足が小さいスタッフに少女のような可愛い小さな足跡を作ってもらいました。さらに、砂浜でボールを拾うシーンでも何度もテスト撮影を行いました。ボールが転がる速度を把握するだけでなく、モデルが歩く速度にもとことんこだわり、完璧に仕上げるためにゆっくり歩く所から小走りまで、様々な速度で調整を行いました。

スイカを食べるシーンでは、画面に対する細部のこだわりから、制作チームはモデルに何回かスイカを食べるシーンを試してほしいとお願いし、監督もまた、自由に満喫するイメージを撮影しようと、モデルに「リラックスして楽しそうに!」と声をかけていきました。そのおかげで、10切れ以上のスイカを食べたモデルは何だかとても嬉しそうでした(笑)。

撮影が終了してから、スタッフ全員でスイカを食べました。1日がかりの仕事が終わった後に、甘いスイカを食べながらリラックスしたひとときが訪れる。外に出ると暖かい風がほほをなで、その瞬間に何だか本当に夏の訪れが来たような感じがしていました。


まるもじ体
まるもじ体
カテゴリー:POP系書体
書体の太さ:W3/W5/W7/W9
女子中高生が手書きしたような「丸文字」を表現した書体です。
明るくかわいらしい印象を与えるその字形は、主に女性や子供向けのデザインに適しています。
まるもじ体 書体見本
「まるもじ体」について掘り下げた「DynaFont PICK UP書体-まるもじ体」はこちら
本文に記載している「まるもじ体」は年間ライセンス製品 「DynaSmart」シリーズに収録されています。

   More Information

次 : ミャンマーの水掛け祭り / ミャンマー語 (DFUniGothc MY1)   
前 : 目指せお兄ちゃん / 教科書体