メイキングストーリー
2016年06月10日

過去とまためぐり会う Reunion with old times / 優雅宋

1300x400

【はじめに】

優雅宋はその名のとおり、華麗さとレトロな雰囲気を備えたデコレーションラインで、エレガントかつ時代を感じさせる雰囲気に溢れています。
 

【デザインの発想】

ここには、私の懐かしい思い出が詰まっている。
—優雅宋


ある日片付けの途中、女の子がふとお母さんの裁縫バサミ、裁縫箱、そしてデザイン画を見つける。
そこには色とりどりの歴史がいっぱいに納められ、再び現れたその瞬間、一つまた一つと女の子の思い出が目を覚まし始めます。それは、毎日止むことのなかった機械の音、そしてお母さんの真剣な表情と細やかな両手…
 
「ここだったんだ。」ついに、女の子は一番良く知っている懐かしい記憶を取り戻すのです。

1300x400

↑デザイン画
 

【撮影】

レトロな雰囲気のスタイルに決定後、チームは早速必要な物を準備し始めました。年季の入ったミシン、洋服のデザイン画、昭和時代の布生地、ハサミや道具、物自体から時代の雰囲気がたっぷりと漂い、きれいに並べるとさらに職人の息づかいが加わり、味わい深いものとなりました。また、より年代を感じさせるために、木の色に近い暖色の光によって、昔を大切に思う気持ちを強調しました。
こうして、その思いは視線が向かう先と共に、お母さんのあの時代へとタイムスリップします……

1300x400

↑撮影風景
 

【制作秘話】

「エレガントな女性」、「昔のファッション」、これは台湾デザインチームが優雅宋を最初に見た時の直感的な印象です。特に、あるデザイナーは自分のお母さん、さらに、お母さんのミシンを連想しました。「お母さんの技術、これもまた印象深い記憶」。このイメージが皆の共感を集め、ここから撮影全体の方向性が決定しました。
小さい頃からずっとお母さんの針仕事を見てきたことから、デザイナーは裁縫家の机の上にどんな物があるかを熟知しており、昭和の雰囲気にいかに近づけるかということだけがポイントでした。あらゆる要素のメインはやはりミシンです。しかし、残念なことにデザイナーの家にあったミシンはすでに売り出されており、一同とてもがっかりしました。この種類の旧型のミシンは非常に希少なわけではありませんが、一般に市販されているものの多くが机に固定するタイプのミシンで、独立タイプの機種はとても少なく、ある程度の時間をかけてようやく借りることができました。
ハサミもやっとのことで手に入れました。元の形が非常にレトロな雰囲気のあるものでも、サビだらけだったため、デザインチームはサビの除去を行いました。さらに、もう一つの小さいハサミは、より昭和時代のイメージを反映できるよう、ダイナコムウェアが花柄彫刻デザインのものを希望しました。また、現在では珍しい四角いボタンといった、その他のレトロな小物も準備しました。
デザイン画も以前の裁縫家が準備する物でしたが、残念なことにこれも失われてしまったことから、美術スタッフに昭和時代のスタイルにならって洋服のデザイン画を数枚描いてもらいました。最終的な出来上がりは、全員が納得のいく仕上がりになりました。
今回の撮影終了後、デザイナーはハサミを買い取り、お母さんにプレゼントすることにしました。彼女にとって、このストーリーは自分と母親の生活の記憶を描き出すものでもあり、とても大切な記念になりました。子供の頃、いつもお父さんがお母さんの誕生日にプレゼントとしてハサミを贈っている様子を見ており、今回は自分がお母さんにプレゼントすることになりました。


華康金文体
優雅宋
カテゴリー:ロマン風書体
書体の太さ:W3/W5/W7
細い横線と太い直線で構成され、ストロークの先端と末端に欧文書体の花文字のような装飾が施されているのが特徴的な書体です。この特徴が古典的な洋風感を引き出し、優雅さや華やかさを表現しています。
優雅宋
本文に記載している優雅宋は年間ライセンス製品 「DynaSmart」シリーズに収録されています。

   More Information

次 : 六月の祝福 / 行書体   
前 : 過去とまためぐり会う Reunion with old times / 優雅宋