連載コラム
2015年10月06日

ぬらくら 第58回 アドリアン・フルティガーさん

アベニール(Avenir)、フルティガー(Frutiger)、ユニバース(Univers)など、 私たちにも馴染みの深い書体をデザインした国際的に著名なタイプフェイス・ デザイナーでグラフィック・デザイナーのアドリアン・フルティガー (Adrian Frutiger)さんが、チューリッヒ(Zurich)近郊のブレームガルテン (Bremgarten)で、2015年9月10日にお亡くなりになりました。1928年生まれの87歳でした。

フルティガーさんが1978年から1981年にかけて書かれた 「図説 サインとシンボル Der Mensch und seine Zeichen」(*1)が 今年(2015年)6月に研究社から翻訳・出版されました。

この書の「序――三つの考察 1.無秩序/秩序」で 「正方形の中に十六個の点を無作為かつ無秩序に打ってみよう」という簡単な例題と共に大変に面白いことが書かれているのでご紹介します。

その内容をご紹介する前に読者の皆さんも上の例題に挑戦してみてください。
正方形は任意の大きさでかまいません。点はフェルトペンなどのようにペンポイントが太目のペンがいいでしょう。




いかがでしょうか?
無作為かつ無秩序に十六個の点を打てたでしょうか?

無作為かつ無秩序に十六個の点を打つって言うのは、やってみる前に 思っていたよりもズッと難しかったのでは無いでしょうか。

「何気なく偶然であるかのように十六個の点を打つということが――相互に関連 を持たせず、いかなる特定の構造もイメージも連想させずに打つことが――どれほど困難なことか分かるだろう」とフルティガーさんは続けています。

次に、同じく十六個の点を使って、無作為かつ無秩序ではなく、いろいろな形や 配列を描くことは実に簡単なことだ、と言っています。この言葉に「無作為かつ無秩序に点を打ってみる」に挑戦をした方々は 『うんうん』と頷かれたことでしょう。

秩序を持った形を作ることは無秩序・無形(形をもたない)を作ることよりも 易しいのだと結論づけています。

上の結論に続けて「私たちは基本的な形象、イメージ、図形を潜在意識に刷り込み、 刻みつけながら成長するのであって、それらが私たちの視野と想像の世界に絶えず 影響を及ぼしているからだ」と説いています。

最後に、研究社のWebShopに掲載されている「図説 サインとシンボル」の 内容紹介を以下に引用して、ぬらくらコーナー読者の皆さまの参考に供し、 併せてフルティガーさんのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

(以下「研究社WebShop」(*2)より)
モダン・タイポグラフィの名匠アドリアン・フルティガーが長年の実践と思索を経て完成させた「記号の形態学」。
視覚的表現としてのサインとシンボルが、人間の思考の記録と伝達にとって 本質的かつ不可欠な手段であることを、多彩な実例を挙げながら詳説する。
その一点一点が見る者の興味を引きつけてやまない2500点以上もの自身によるイラストを収録。
古代の象形文字、中世錬金術のサインから現代の企業ロゴまで。
中国の易経記号、日本の家紋からインディアンの動物素描、西欧の石工のサイン まで――フルティガーは古今東西のグラフィック文化からエッセンスを抽出し、 自在に論じていく。
アート、グラフィックデザインや装飾の分野のみならず、文字の歴史、記号論、 視覚文化全般やイメージの読解に関心を抱くすべての人にとって必読の書。


*1 図説 サインとシンボル
2015年6月24日 発行
アドリアン・フルティガー 著
株式会社 研究社 発行
ISBN978-4-327-37739-7 C0670

*2 研究社WebShop
https://webshop.kenkyusha.co.jp/
タイトルの「ぬらくら」ですが、「ぬらりくらり」続けていこうと思いつけました。
ぬらくらは、ダイナフォント News Letter(ダイナコムウェア メールマガジン)にて連載中です。
いち早く最新コラムを読みたい方は、メールマガジン登録(Web会員登録)をお願いいたします。
メルマガ登録はこちら

  著者 Information

著者
ダイナコムウェア コンサルタント
mk88氏

PROFILE●1942年東京都生まれ。
1966年桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒。
設備機器メーカー、新聞社、広告会社を経て、
総合印刷会社にてDTP黎明期の多言語処理・印刷ワークフローの構築に参加。
1998年よりダイナコムウェア株式会社に勤務。
Web印刷サービス・デジタルドキュメント管理ツール・電子書籍用フォント開発・
フォントライセンスの営業・中国文字コード規格GB18030の国内普及窓口等を歴任。
現在はコンサルタントとして辣腕を振るう。
Blog:mk88の独り言

次 : ぬらくら 第60回 全角と半角   
前 : ぬらくら 第58回 アドリアン・フルティガーさん