展示会情報
2017年04月12日

「第20回組込みシステム 開発技術展(ESEC)」出展のご案内

主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行うダイナコムウェアは、東京ビッグサイトにて2017年5月10日(水)~5月12日(金)に開催となる「第20回組込みシステム 開発技術展(ESEC)」に出展いたします。
ブースでは、ダイナフォント2017年新書体として組込み用フォントとして先行リリースとなる液晶表示に適したゴシック体「金剛黒体」およびダイナコムウェア組込み用フォントからフォント展開ライブラリ 「DigiType API」を中心にご紹介いたします。
また今回の出展は、ダイナコムウェア株式会社が所属するCXDS〈Consortium for Experience Design Support、体験経験型設計デザイン支援コンソーシアム〉との共同出展でのブースとなります。
会期中、専門スタッフがフォントの各種カスタマイズや技術的なご相談を含めお客様のご質問に随時、ご対応いたしますので、是非、ブースまでお気軽にお立ち寄りください。

▼組込みシステム開発技術展
組込みシステム開発に必要なハードウェア・ソフトウェア・コンポーネントから開発環境までが一堂に出展する専門展です。毎年多数の企業のシステム設計者・開発者・応用技術者、ハードウェアおよびソフトウェアの設計者・開発者・応用技術者が来場し、出展企業と活発な商談・受注を行っています。

 
公式サイト 第20回組込みシステム 開発技術展(ESEC)
入場料 展示会への入場には招待券と名刺2枚が必要になります。
招待券の請求(無料)はこちら
開催日程 2017年5月10日(水)~5月12日(金)
10:00~18:00
※最終日のみ17時終了
会場 東京ビッグサイト
会場へのアクセスはこちら
ブース位置 第20回組込みシステム 開発技術展(ESEC)出展-マップ
ブース位置:西1ホール5-20となります。
CXDS(Consortium for Experience Design Support、体験経験型設計デザイン支援コンソーシアム)との共同ブースとなります。
展示内容 2017年ダイナフォント新書体「金剛黒体」
液晶画面表示においても紙媒体の文字のように読みやすい6種類のウェイトをファミリー展開するゴシック体。
金剛黒体に関する詳細はこちら

2017フォント展開ライブラリ 「DigiType API」
・TrueTypeフォント/OpenTypeフォント/軽量スケーラブルフォント対応
・OS非依存(OSレスにも対応)
・多言語対応
・カスタマイズ可能(ROM/RAM、API、機能他)
お問い合わせ ダイナコムウェア株式会社
【TEL】03-3556-6638
【FAX】03-3556-6593
お問い合わせはこちら
前へ : 中国語フォント(簡体字)GB18030 定期セミナー開催のご案内   
次へ : 【DynaFont現行販売製品】 最新macOS 10.12.6(Sierra)における動作確認状況掲載のお知らせ