ブランドに
ついて

フォントでコミュニケーションをより美しく

DynaFontは、常に創造し続けるという精神で、先進のフォントテクノロジーの発展に尽力すると共に、文字の美しさを伝えて参ります。 また、デジタル時代の消費者に多様な選択肢を提供し、フォントがコミュニケーションにより温かみを与える存在になるよう、これからも発展に寄与して参ります。

金剛黒体
について

王者の名にふさわしい存在

「金剛黒体」は、ダイヤモンドの王様と呼ばれるカーボネードのように光輝いた新しいスタイルのゴシック体です。液晶に適したフォントとして、長い開発期間を経て丹念に磨き上げられた末に誕生した「金剛黒体」は、シンプルで洗練されたストロークに従来の書体より懐を広げたことで、はっきりとした構造で優れた視認性を有しており、文字全体に明るく澄みきったような空気感に溢れています。ゴシック特有の硬質さにモダンさを加えることで、剛と柔を備えたストロークは、いつまでも色あせることなく、ブラックダイヤモンドのように永遠に輝き続けることでしょう。

金剛黒体
について

デザイン
の特長

字幅が広く、重心がしっかりとしており、柔らかな曲線により包まれるような安心感を与えるような構成となっています。また、シンメトリーの美しさでデザイン性を高めています。同時に、液晶画面に合わせて中心部分をやや狭め、字間に空気感を持たせることで、ストレスフリーに読むことができます。

金剛黒体は、文字の幅が広く、重心が安定しています。柔らかな曲線は、十分なカバー力を表しており、また、シンメトリーの美しさが細部を修飾しています。同時に、液晶における表示ニーズにも対応しており、フォントの中心の空間が適切で、最高の視認性、閲覧性を有する、中性的で洗練された新時代のゴシック体です。 華康ゴシック体は、従来のゴシック体のデザインイメージを留めつつ、書き出し部分は明朝体のような外観とスタイルで、シンプルな現代ゴシック体とは異なります。このシリーズは明快で、骨格は、外は緩やかに見えつつ内はしっかりと引き締まっています。特に一般の文書、社内文書、報告書や書籍、雑誌に使用されます。 UDゴシック体、中心の空間が広々としていて、字幅も豊かで、「ユニバーサルデザイン」(Universal Design)のコンセプトのもとに発展して生まれたフォントです。実際の応用例も非常に幅広く、公共の場の標識、看板、小さい液晶画面の携帯電話、家電などに見られます。

フォント
の見本

フレキシブルに対応したフォントファミリー

液晶での文字表示と印刷のニーズに対応し、金剛黒体は一致したフォントフレームにおいて、6種類の異なるウェイトを展開させました。本文の文字からタイトルの文字まで、いずれもフレキシブルに組み合わせて使用することができます。

筆画
の特長

混合
レイアウト

活用例

フォント
仕様

フォントフォーマット

TrueType / OpenType

ウェイト

Ultralight / Thin / Light / Regular / Medium / Semibold

フォント
仕様

対応言語

日本語: JIS X 0208および JIS X 2004標準に準拠
韓国語: KS X 1001とKS X 1002標準に準拠
繁体字:Big5-2003標準に準拠
繁体字(香港):最新のHKSCS-2016*標準に準拠
*香港地区で2015-2016年に提出したIRGの香港地区フォント新標準を指し、
明確な名称は未公開のため、暫定的にHKSCS-2016と仮称しています。
簡体字:GB18030標準に準拠し、標準局の検査に合格

豊富な欧文字体を提供し、ISO MES-2のサブセット、およびその他インド文字、ベンガル文字、アラビア文字、ヘブライ文字、タイ文字、ベトナム文字、ビルマ文字を含む中央アジア、東アジアの言語をサポートします。

フォント
仕様

テクニカル
サポート

先進のフォントテクノロジーにより、フォントのカスタマイズに
対応して参ります。

ウェイトのカスタマイズ

金剛黒体はVariable Fontによく似たフォント開発テクノロジーを採用しています。そのため現在の6種類のウェイトの範囲内で、お客様の要望に沿ってウェイトの微調整を行うことができ、スピーディーに対応することが可能です。

必要なサブセットを結合

金剛黒体は異なるサブセット内に同じフォントがあり、全く同じグリフを共有しています。そのため、多言語が必要な場合は、カスタマイズして統合することで、フォントファイルを一つにし、効果的にフォント容量を縮小することができます。

金剛黒体の漢字は、各地域の書き方に合わせてデザインされています。
記号は言語の違いに基づいて、位置を調整しています。

ゴシック体
シリーズ

フォントデザインに長年従事し、ダイナフォントは時代の流れに対応するフォントソリューションを提示してきました。

華康ゴシック体

90年代にデジタル印刷時代を迎えて誕生したゴシック体フォントは、明朝体のうろこをやや残しながら、外観は柔らかく、内側はしっかりと引き締まった構造の書体です。紙媒体のニーズに応えるために開発され、誕生から20年余りの時を経て、現在では、印刷物、ポスターなど、生活の至るところで華康ゴシック体の実用例を目にすることができ、ダイナコムウェア早期の代表的な書体の1つと言えます。

一般的な活用法:タイトル、本文のいずれも可。
応用での活用法:印刷物。

UDゴシック体

UDゴシック体は、21世紀の高齢化が進む社会環境に即して誕生しました。「ユニバーサルデザイン(Universal Design)」コンセプトの延長にあり、全ての人のためにデザインされたゴシック体フォントです。フォントの筆画の特性を取り除くことで、シンプルかつ明瞭で視認性・閲覧性を最も重視し、高齢者、近視、弱視といった目の障害を持つ方々にも読みやすい特徴を持っており、親切かつフレンドリーなデザインにより、情報伝達をより手軽に素晴らしいものにします。

一般的な活用法:タイトル及びロゴ。
応用での活用法:公共スペースの標識、スローガン、処方箋の説明、車載システム、医療計器のパネル、家電製品のパネル。

金剛黒体

金剛黒体は、液晶での文字表示が一般的な時代にあわせて誕生したフォントです。現代のデザイン美学を注入し、シンプルかつ無駄の無い筆画が、スマートフォン、ウェアラブルデバイスなどの小さな液晶に生き生きと表示され、デジタル閲覧にこれまでにない快適さをもたらします。6種類のウェイトのフォントファミリーがあり、デジタルメディアで様々な情報次元を完璧に表現することが可能で、フォントデザインの新時代をリードしていくゴシック体になっています。

一般的な活用法:タイトル、本文のいずれも可。
応用での活用法:スマートフォン、タブレットPC、ウェアラブルデバイス、IoT関連の小さい液晶の製品。

お知
らせ

購入
方法

金剛黒体はこちらの製品でお求めいただけます。

ご購入
方法

購入
方法

販売
拠点

Japan

ダイナコムウェア株式会社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-38 いちご九段ビル8F
TEL:03-3556-6638
FAX:03-3556-6593
E-Mail:king@dynacw.co.jp

Taiwan

威鋒數位開發股份有限公司
115台北市南港區園區街3-1號5樓(G棟)
聯絡電話+886-2-2655-7558
傳真電話+886-2-2655-7559
客戶服務專線0800-211591
E-Mailkingtw@dynacw.com

China

北京华康信息技术有限公司
北京市东城区北三环东路36号 环球贸易中心A栋 1007室,100013
电话:+86-10-5825-7686 / +86-10-5825-7276


上海华康计算机技术有限公司
上海市新闸路1209弄60号, 200041 
总机:+86-21-6253-9072
华中业务专线:+86-21-5290-7972 / +86-21-6230-7973
华南业务专线:+86-755-8830-7875
深圳市福田区深南大道财富广场B座16楼O, 518040 
E-Mail:king@dynacw.cn

Hong Kong

華康科技(香港)有限公司
香港灣仔分域街18號捷利中心12樓1203室
電話+852-2866-3560
傳真+852-2865-3308
E-Mailkinghk@dynacw.com

LOADING...