組込み用フォント採用事例
2017年04月03日

イクリプス「録ナビ」

富士通テン株式会社

富士通テン株式会社の市販ブランド、イクリプスから2016年12月に発売を開始したドライブレコーダー内蔵ナビ「録ナビ」に「ダイナコムウェア 組込み用フォント」のUDゴシック体が採用されました。
そこで「録ナビ」の開発デザイナーである富士通テン株式会社SS技術本部第三ソフト技術部UIデザインチームの久保竜樹氏に「ダイナコムウェア 組込み用フォント」のUDゴシック体採用の経緯についてお聞きしました。

 
イクリプス「録ナビ」
製品名:イクリプス「録ナビ」
製品URL:http://www.fujitsu-ten.co.jp/eclipse/brand/rokunavi
 

フォントを選定する際の経緯などをお聞かせください。
「録ナビ」の製品コンセプトには「使いやすさ」と「飽きのこない」といった2軸があります。またスマートフォンやタブレットといった製品と比較した際にもデザイン面で優れた製品を目指して開発しています。フォントによって意匠性が大きく上がる点からも優れたプロダクトデザインを目指したときフォントは非常に大きな存在です。そういった点を考慮して、従来のフォントでは表示画面において見やすさやキレイさを追求できないのではないかという強いこだわりを持ち、尖っていない美しい書体としてUDフォントを 選定しました。

 

ダイナコムウェア UDゴシック体の採用の決め手となったポイントをお聞かせください。
他社のUDフォントも含めて様々なフォントを比較検討した際、UDフォントの中でも「DFUDゴシック体」が最も美しく、そして、尖りがないフォントだと感じました。もちろんこれまでの実績と価格面も考慮しての採用となります。その際に自然な見やすさにこだわり、ごく一部の文字をカスタマイズしてもらっています。


イクリプス「録ナビ」においてどういった形でフォントを使用していますか。
製品全てで使用しています。和文以外でも欧文、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語を使用しています。

「録ナビ」発売後の反響などをお聞かせください。
発売開始後、デザイン面でも高い評価をいただいています。その評価において「DFUDゴシック体」が重要なファクターになっていると思います。「録ナビ」は、カーナビにドライブレコーダー機能を搭載しているという大きな特徴だけでなく、様々な部分でこだわって開発された製品であり、その一部にUDフォントもあてはまります。
録ナビメニュー画面
録ナビのメニュー画面

UDゴシック体W2 フォントイメージ
UDゴシック体W2 フォントイメージ
Win版詳細はこちら / Mac版詳細はこちら

 
ダイナフォント2017年新書体「金剛黒体
ダイナフォント2017年新書体「金剛黒体」。ウェイトは6種類で液晶での読み心地を追求した書体。

ダイナコムウェア新書体である「金剛黒体」について感想をお聞かせください。
キレイな書体だと思いました。また現在のトレンドに合っている書体とも感じます。細いウェイトに対応しているのもデザイナーとして嬉しいですね。「録ナビ」でフォントを選定した基準の一つとして細いウェイトが備わっているかどうかもありました。その点も重視して選択したのが「DFUDゴシック体」です。


富士通テン株式会社ロゴ
富士通テン株式会社
設立:1972(昭和47)年10月25日
所在地:〒652-8510 神戸市兵庫区御所通1丁目2番28号
URL:http://www.fujitsu-ten.co.jp
主にインフォテインメント機器、電子制御機器、衝突安全・予防安全機器、テレマティクス機器の製造、販売および関連サービスを手掛けています。

  More Information